不動産 資産

不動産の販売広告やチラシでみかける専門用語を解説!

FPみぃ子
今回は、不動産の広告やチラシに使用されている不動産の専門用語について紹介します

不動産の販売広告・チラシの専門用語

壁芯(へきしん)面積と内法(うちのり)面積

壁芯面積

壁芯面積は、壁の中心線から内側の面積のことです。

内法面積

内法面積は、壁の内側の面積のことです。

マンションのチラシなどでは壁芯面積で表記され、内法面積で表記される登記簿より面積が大きく表示されます。

FPみぃ子
チラシの方が登記簿よりも面積が広いと覚えておきましょう。

徒歩所要距離

徒歩所要距離は、【○○線◇◇駅から徒歩△分】と表示されます。

これは、道路距離80mにつき1分間(1分未満は切り上げ)で計算されています。

例えば

<徒歩10分の場合>
物件までの道路距離は
80×9=720m、80×10=800m
で計算され、720m超~800m以内となることがわかります。

取引態様

取引態様は、広告を出している不動産業者が契約上の売主・貸主、代理、媒介のいずれであるかを明示するものです。

例えば

  • 売主・・・不動産業者自身が売主なので仲介手数料は不要
  • 媒介・・・売主は別なので不動産業者には仲介手数料を支払う

など

建築条件付き土地

建築条件付き土地は、売買契約から一定期間内に特定の建築業者と建築請負契約を結ぶことを条件としている土地のことです。

バルコニー面積

バルコニー面積は、マンションやアパートではバルコニーが避難経路として使われるため、共有部分と考えられます。
バルコニーは、個人での使用は可能ですが、専有面積(住居部分などの面積)には含まれません。

【無料】最大26商品の見積もりを比較可能サービスをご紹介!

今回ご紹介したいのが、無料見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!

火災保険の無料見積りサービスは沢山ありますが、「保険スクエアbang!」は、たった30秒の入力で簡単に見積りができるんです。

保険アドバイザーが無料診断してくれる!

保険スクエアbang!」は、火災保険のプロである保険アドバイザーが無料診断してくれるので、本当に必要な補償のみに加入することができます。
補償って何をつけるべきか全然わからない…。 沢山付けたら、火災保険料が高くなるし。
という方には、保険アドバイザーが必要な補償を教えてくれるので安心ですよね。 さらに、120万件の契約実績もあるので、安心できますよ!

最大26商品から見積もり比較できる!

火災保険26商品を自分で比較しようとしたら、とても時間もかかるし、大変ですよね。 「保険スクエアbang!」なら、それを保険アドバイザーが適切な火災保険を選んで提案してくれるんです! 最大26商品から選んでくれるので自分にピッタリな火災保険に加入できますよ。
私が調べた火災保険見積もりサービスの中で、一番比較できる商品数が多かったです。 比較するなら、簡単にできるだけ多くの選択肢から、一番良いものを選びたいですよね。
FPみぃ子

さらに!おすすめポイント

  • 火災保険の無料診断後は、納得がいくまで何度でも無料で相談できる! 見積りだけ渡されて終わりというわけではなく、本当に納得するまで細かく相談できるのは嬉しいですよね。
  • 無理な勧誘が一切ない! 火災保険の無料診断をしたからと言って、必ず契約をしなければならないということはありません。 自分に合った火災保険を見つけられた時だけ、契約すればいいんです!
火災保険の比較って一人でするの難しいとおもってたんだよね。 これ使えば簡単で速いし便利だね。
そうなんです。 これからは、簡単便利に火災保険料を安く契約してくださいね。
FPみぃ子

保険スクエアbang!はコチラから

  • この記事を書いた人

ファイナンシャルプランナーみぃ子

火災保険の選び方では、火災保険会社のホームページや資料情報から、料金や保険内容を細かくまとめて紹介しています。もちろん、ファイナンシャルプランナーならではの視点でアドバイスしているので、これから火災保険の加入や変更を考えている方は是非チェックしてください。

にほんブログ村 ファイナンシャルプランナー 地震・災害へ

-不動産, 資産

© 2021 火災保険の相場。選び方からランキングまで【FP監修】