あいおいニッセイ同和 火災保険会社

あいおいニッセイ同和損保の火災保険「タフ・住まいの保険」は事故対応サービスあり

更新日:

あいおいニッセイ同和損保の火災保険

タフ・住まいの保険

あいおいニッセイ同和損保の火災保険『 タフ・住まいの保険』の3つ特徴

①充実した補償

ニーズにあわせて補償を選ぶことができます。

基本の補償地震保険オプション特約

・基本の補償:建物・家財の補償対象となる事故の範囲に応じて選べる3つのプラン
・地震保険:地震になどによる損害に備える地震保険
・オプション特約:いろいろなリスクに備えることのできるオプション特約

② 住まいの無料サービスと事故対応サービス

困った住まいに関することに対し、早く対応してくれる、無料サービスがあります。
事故の際も迅速な事故対応サービスをしてくれます。

③ 環境配慮と社会貢献

eco保険証券・Web約款を選択した客数に応じて、環境保護活動を行う団体への寄付や、日本ユネスコ協会連盟などを通じて、東日本大震災の被災地や被災した子どもたちへの寄付が行われています。
社会貢献にもつながるベルマーク運動の協賛商品となっています。

タフ・住まいの保険の建物補償とは?

あいおいニッセイ同和損保の火災保険の建物補償は

・戸建、分譲マンション、マンションオーナーなど
が対象となっています。
火災だけでなく、風災、水災などの自然災害盗難、破損・汚損などの偶然な事故などで建物に損害を受けた時に補償してくれます。
プランによって、補償範囲は異なりますので、ご注意ください。

分譲マンションの専有部分を保険の対象とする契約の場合、専有部分に発生した損害のみが補償対象となります。

基本の補償

「タフ・住まいの保険」は、損害保険金の支払対象になる事故の範囲に応じて、ワイドプランベーシックプランエコノミープラン3つのプランから選ぶことができます。

・ワイドプラン・・・火災、落雷、破裂・爆発、風災・ひょう災・雪災、水ぬれ、外部からの物体落下など、騒じょう、盗難、水災、破損・汚損など

・ベーシックプラン・・・火災、落雷、破裂・爆発、風災・ひょう災・雪災、水ぬれ、外部からの物体落下など、騒じょう、盗難、水災

・エコノミープラン・・・火災、落雷、破裂・爆発、風災・ひょう災

ワイドプランなら破損・汚損などの偶然な事故にも備えることができます。

あいおいニッセイ同和損保

出典:あいおいニッセイ同和損保

全部の事故の免責金額をなし・1万円・3万円・5万円のどれかから選択することができます。

すべてのプランで補償対象となる事故

■火災によって家が全焼してしまった場合
■台風による強風で屋根瓦や窓ガラスが壊れてしまった場合
これらの事故の件数割合は60.6%

ワイドプラン・ベーシックプランで補償対象となる事故

■水道管の破裂によって天井や壁紙を汚してしまった場合
■空き巣が侵入して、窓ガラスやドアを壊されてしまった場合
■台風による洪水で床上浸水して、壁や床などが汚れてしまった場合
これらの事故の件数割合は28.5%

ワイドプランで補償対象となる事故

■ソファーを移動している時に、窓ガラスを割ってしまった場合
■専用水道管の凍結で破損してしまった場合
これらの事故の件数割合は10.9%

あいおいニッセイ同和損保

出典:あいおいニッセイ同和損保

タフ・住まいの保険の費用の補償とは?

「タフ・住まいの保険」の3つのプラン共通で、事故に伴う費用を補償してくれます。

事故時諸費用・・・

損害保険金が支払われる場合に、損害保険金の20%をプラスで補償してくれます。
事故が発生した際に、臨時に発生する出費を事故時諸費用で支払うことができます。

事故時諸費用には

・損害保険金の20%を補償してくれるタイプ
・損害保険金の10%を補償してくれるタイプ
・火災、落雷、破裂・爆発を支払い対とする事故の範囲を限定するタイプ(限定補償)
・補償なし
から選択することができます。

災害緊急費用・・・

火災、落雷、破裂・爆発事故による損害の復旧時に必要となる仮住まいや仮修理などの費用を補償してくれます。

地震火災費用・・・

地震保険とは異なりますが、地震・噴火、またはこれらによる津波を原因とする火災によって、建物が半焼以上となったなどの場合に、必要な費用を補償してくれます。
・自動セット・・・5%(300万円が限度)
火災保険金額の5%(300万が限度)が支払われます。

・オプション・・・30%または50%(支払限度額なし)
支払われる補償の金額を火災保険金額の30%、または50%(支払限度額なし)に変更することができます。

タフ・住まいの保険の家財補償とは?

あいおいニッセイ同和損保の火災保険の家財補償は

・戸建、分譲マンション、マンションオーナー、賃貸住宅など
が対象となっています。

建物のみの契約の場合、家財に発生した損害は補償してくれません。
家財の補償をつけるには、保険の対象に家財を追加する必要があります。

注意!

「タフ・住まいの保険」では、貴金属など(貴金属、宝玉、宝石、書画、骨とう、彫刻物その他の美術品)の補償は、1個、または1組について30万円が限度となっています。
1個、または1組の再調達価額が30万円を超える貴金属など持っていて、30万円を超える補償を希望する場合は「家財明記物件特約」をセットする必要があります。

基本の補償

「タフ・住まいの保険」は、損害保険金の支払対象になる事故の範囲に応じて、ワイドプランベーシックプランエコノミープラン3つのプランから選ぶことができます。

・ワイドプラン・・・火災、落雷、破裂・爆発、風災・ひょう災・雪災、水ぬれ、外部からの物体落下など、騒じょう、盗難、水災、破損・汚損など

・ベーシックプラン・・・火災、落雷、破裂・爆発、風災・ひょう災・雪災、水ぬれ、外部からの物体落下など、騒じょう、盗難、水災

・エコノミープラン・・・火災、落雷、破裂・爆発、風災・ひょう災

ワイドプランなら破損・汚損などの偶然な事故にも備えることができます。
建物と家財の補償をセットで契約した場合、建物と家財は同じプランでの契約となります。

あいおいニッセイ同和損保
出典:あいおいニッセイ同和損保

全部の事故の免責金額をなし・1万円・3万円・5万円のどれかから選択することができます。
ワイドプランの場合、破損・汚損などによる損害は、すべての事故共通で免責金額「なし」を選択して契約しても、損害保険金に対して、1回の事故につき免責金額3,000円が適用されます。

すべてのプランで補償対象となる事故

■家の近くの電柱に落雷があり、電化製品が壊れてしまった場合
■竜巻による強風でガラスが破損して、窓から風雨が吹き込んで壊れてしまった場合
これらの事故の件数割合は24

ワイドプラン・ベーシックプランで補償対象となる事故

■排水管の破裂によってTVが水で壊れてしまった場合
■空き巣が侵入して、電化製品が盗まれてしまった場合
■ゲリラ豪雨による洪水で床上浸水してしまい家財が水浸しになってしまった場合
これらの事故の件数割合は26.6

ワイドプランで補償対象となる事故

■子どもが遊んでいてTVにぶつかって壊れてしまった場合
これらの事故の件数割合は49.4

あいおいニッセイ同和損保
出典:あいおいニッセイ同和損保

タフ・住まいの保険のオプション特約とは?

「タフ・住まいの保険」には、近隣の建物の損害の補償や、賠償損害への補償などのリスクへの備えとして、いろいろなオプション特約が用意されています。
人それぞれのリスクの状況やニーズに合わせて選択することができます。
オプション特約を選択した場合、特約保険料の支払いが必要となります。

類焼損害・見舞費用特約

類焼損害・見舞費用特約は近隣へ延焼した場合の補償となります。
■類焼損害
自宅の火災、破裂・爆発事故により、近隣の建物や収容動産に発生した損害を、最大1億円まで補償してくれます。

■失火見舞費用
自宅の火災、破裂・爆発事故により、近隣の建物や収容動産に損害が発生した時の見舞金などの費用を1被災世帯あたり30万円を限度に補償してくれます。
1回の事故につき、全被災世帯合計で契約建物(家財)に対して支払われた損害保険金の30%が限度となります。

個人賠償特約

個人賠償特約は日常生活における賠償事故に対する補償となります。
住宅の所有、使用、または管理における偶然な事故、もしくは日常生活における偶然な事故により、他人を死傷させたり、他人のものを損壊させ法律上の損害賠償責任を負った場合の損害について、1回の事故につき最大1億円まで補償してくれます。

※被保険者が個人の場合、示談代行サービスを利用することもできます。

個人賠償(電車等運行不能賠償追加型)特約

「個人賠償特約」の補償にプラスして、日本国内において被保険者が電車などの運行不能について、法律上の損害賠償責任を負った場合の損害について、1回の事故につき最大1億円まで補償してくれます。

保険の対象に家財を含む「ワイドプラン」で、「携行品損害特約」、および「受託物賠償特約(特約保険金額100万円)」をセットしている場合にこの特約をセットすることができます。

※被保険者が個人の場合、示談代行サービスを利用することもできます。

受託物賠償特約

他人から預かったものやレンタル品などの受託物を、日本国内、または国外において損壊、紛失、または盗難にあい法律上の損害賠償責任を負った場合の損害を補償してくれます。

特約保険金額は、「30万円」「100万円」から選択でき、免責金額は5,000円です。
明細付契約の場合は、「100万円」を選択することはできません。
支払われる保険金は、保険期間を通じて特約保険金額が限度となります。

※被保険者が個人の場合、示談代行サービスを利用することもできます。

弁護士費用等特約

他人から被害を受けた場合に備える補償です。

■弁護士費用など
被害事故で、ケガをしたり、自宅や家財が損害を受けて、損害賠償請求を弁護士に委任した場合の費用などを、1回の事故につき被保険者1名ごとに最大300万円まで補償してくれます。

■法律相談費用
被害事故で、ケガをしたり、自宅や家財が損害を受けた場合の法律相談費用を、1回の事故につき被保険者1名ごとに最大5万円まで補償してくれます。

家財の契約者向けのオプション特約とは?

携行品損害特約
保険の対象に家財を含む場合にセットでき、自宅敷地外で携行する身の回り品に発生した不測、かつ突発的な事故による損害を補償してくれます。
特約保険金額は、「10万円」「20万円」「30万円」「50万円」から選択できます。
1回の事故につき、特約保険金額が限度となり、免責金額は3,000円です。

分譲マンションオーナー向けオプション特約とは?

バルコニー等修繕費用特約
バルコニー、玄関ドアなど分譲マンションの共用部分に発生した偶然な事故による損害について、管理組合規約に基づき記名被保険者が負担する修繕費用を、1回の事故につき最大30万円まで補償してくれます。

賃貸住宅入居者向けオプション特約とは?

借家賠償・修理費用特約

■借家賠償
偶然な事故により、借用住宅に損害を与えたことによる貸主に対する法律上の損害賠償責任を、1回の事故につき特約保険金額を限度に補償してくれます。

■修理費用
借用住宅に偶然な事故が発生し、貸主との賃貸借契約に基づき、被保険者が自己の費用で修理した場合の修理費用を、1回の事故につき最大300万円まで補償してくれ、免責金額は3,000円となります。

※被保険者が個人の場合、示談代行サービスを利用することもできます。

賃貸住宅オーナー向けオプション特約とは?

家賃収入特約

賃貸住宅に火災などの事故が発生し、損害を受けた結果発生する家賃の損失を、契約時に定めた期間を限度に補償してくれます。
家賃収入特約の保険金額=家賃月額×約定復旧期間の月数

家主費用特約

賃貸住宅内で自殺、犯罪死、孤独死で賃貸住宅に物的損害が発生した場合に、家賃の損失、修復、清掃、脱臭費用などの原状復旧のための費用、遺品整理費用などを補償する特約となります。
ワイドプランで、「家賃収入特約」をセットしている場合にセットすることができます。

賃貸建物所有者賠償(示談代行なし)特約

保険の対象の建物の所有、使用、管理や、賃貸・管理業務を原因とする偶然な事故によって他人を死傷させるなどの法律上の損害賠償責任を、1回の事故につき特約保険金額を限度に補償してくれます。
特約保険金額は、「1,000万円」「3,000万円」「5,000万円」「1億円」から選択することができます。

マンション居住者包括賠償特約

居住用戸室での漏水などの賠償事故、または日常生活における賠償事故による損害を、1回の事故につき最大1億円まで補償してくれます。
事業用戸室は、漏水などの水ぬれ事故における賠償事故による損害のみが補償されます。

※被保険者が個人の場合、示談代行サービスを利用することもできます。

【無料】最大26商品の見積もりを比較可能サービスをご紹介!

今回ご紹介したいのが、無料見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!

火災保険の無料見積りサービスは沢山ありますが、「保険スクエアbang!」は、たった30秒の入力で簡単に見積りができるんです。

保険アドバイザーが無料診断してくれる!

保険スクエアbang!」は、火災保険のプロである保険アドバイザーが無料診断してくれるので、本当に必要な補償のみに加入することができます。

補償って何をつけるべきか全然わからない…。
沢山付けたら、火災保険料が高くなるし。

という方には、保険アドバイザーが必要な補償を教えてくれるので安心ですよね。
さらに、120万件の契約実績もあるので、安心できますよ!

最大26商品から見積もり比較できる!

火災保険26商品を自分で比較しようとしたら、とても時間もかかるし、大変ですよね。
保険スクエアbang!」なら、それを保険アドバイザーが適切な火災保険を選んで提案してくれるんです!
最大26商品から選んでくれるので自分にピッタリな火災保険に加入できますよ。

私が調べた火災保険見積もりサービスの中で、一番比較できる商品数が多かったです。
比較するなら、簡単にできるだけ多くの選択肢から、一番良いものを選びたいですよね。
FPみぃ子

さらに!おすすめポイント

  • 火災保険の無料診断後は、納得がいくまで何度でも無料で相談できる!
    見積りだけ渡されて終わりというわけではなく、本当に納得するまで細かく相談できるのは嬉しいですよね。
  • 無理な勧誘が一切ない
    火災保険の無料診断をしたからと言って、必ず契約をしなければならないということはありません
    自分に合った火災保険を見つけられた時だけ、契約すればいいんです!

火災保険の比較って一人でするの難しいとおもってたんだよね。
これ使えば簡単で速いし便利だね。

そうなんです。
これからは、簡単便利に火災保険料を安く契約してくださいね。
FPみぃ子

-あいおいニッセイ同和, 火災保険会社

Copyright© FPが教える!火災保険の節約術! , 2019 All Rights Reserved.