地震保険

火災保険って何?地震保険だけで加入できるの?気になるギモンを回答します!

更新日:

そもそも火災保険とは?何を補償してくれる保険なの?

家を購入する時や賃貸を契約する時に、必ずと言っていいほど、ほとんどの人が契約する「火災保険」。
なんとなく、言われた通りに契約していたけど、そもそも「火災保険」ってどんな保険?
何を補償してくれるの?
という方がほとんどではないでしょうか。

火災保険は名前の通り【火災が起きた時に保険金が支払われる保険】だけでなく、火災以外の家に起こるリスクを補償してくれる保険なんです!

火災保険といってもその原因が「火災」に限定されているわけではありません。

落雷」や「破裂・爆発」によっておきた損害も補償してくれます。
さらに、「風災、 ひょう災・雪災」や台風や河川の氾濫などによる「水災」も補償の対象にすることができます。
また「盗難」、「水ぬれ」 、「物体 の落下・飛来・衝突」 、「騒じょう等(暴力・破壊行為 )」 、突発的な事故による「破損・汚損等」といったように、住まいで発生する様々なリスクを補償してくれるんです。

火災保険は火災リスクだけでなく、自然災害リスク日常生活リスクなど、住まいに関わる様々なリスクを対象とするため、「住まいの保険」と呼ばれています。

火災保険の補償範囲って自分で決められるってホント?

最近の火災保険では補償範囲を好きなように決められるんです。
従来の火災保険では、火災リスクや自然災害リスク、日常生活リスクなど、全ての住まいに関わるリスクがセットになった商品が主流でしたが、建物の構造階数立地条件家族構成などによってリスクの種類や大きさには差があるので、補償範囲が決められるようになりました。

例えば、

僕はマンションの高層階に住んでいるから水災の心配はないから水災の補償なくていいや。
うちは子ども全員成長したから小さな子どももいないし、突発的な事故でおこる破損・汚損の補償は必要ないね。
防犯カメラも設置するし、セキュリティー万全にしているから盗難なんて怒らないはず!盗難の補償はいらない。

など、住む家や立地、家族構成、家の設備などによって、必要な補償は異なります。

火災保険の補償内容

火災リスク・・・火災、落雷、破裂、 爆発
自然災害リスク・・・風災、ひょう災・雪災、水災
日常生活のリスク・・・水濡れ、物体の落下・飛来・衝突、騒じょう・集団行動などによる破壊、 盗難、盗難による破損・汚損

最近の火災保険ではこのようなニーズに対応して、「火災、落雷、破裂・ 爆発」と「風災、ひょう災・雪災」を基本の補償として、その他の補償は必要に応じて任意で選択できる保険プランが増えています
保険プランの中には「火災、落雷、破裂、 爆発」のみ契約できる商品もあったりします。

火災保険の「費用保険金」って何?

大きな損害が発生した場合 、建物や家財の損害だけでなく、損害の発生に伴って様々な諸費用が発生します。
そのような一時的に発生する諸費用を損害保険金とは別に補償するのが「費用保険金」です。
「費用保険金」は、火災保険の基本補償にセットされていたりオプション(特約)により追加したりと、保険会社に保険に組み込む方法は異なります。
どのような費用がどのような事故で補償されるのか理解しておくことが大切です。

例えば、
・焼け跡にある多くの残存物を片付けたり清掃する費用
・一時的に仮住まいとして必要となるホテル代やアパート代の費用 など
損害発生時には建物や家財の損害だけでなく沢山の諸費用が掛かります

費用保険金の例

臨時費用保険金
火災保険から損害保険金が支払われる時に、損害保険金とは別に支払われる保険金で、使い道は限定されていません。
保険会社によっては、「事故時諸費用」という名称で他の費用保険金とセットになっていることがあります。
保険金は、損害保険金×10~30%程度の範囲内で限度額は100~300万円程度です。※保険会社により異なります

■残存物取片付け費用保険金
火災保険から損害保険金が支払われる時に、損害を受けた建物や家財の残存物取片付けに必要な費用に対して支払われる保険金です。
建物や家財が燃えた後には、大量の焼け屑や残存物が残ってしまうため、それら片付けの費用となります。
保険金は、損害保険金×10%程度を限度に実費が支払われます。※保険会社により異なります

■失火見舞費用保険
火災や破裂により第三者の所有物を壊したり傷つけたりした時に、見舞金として支払われる保険金です。
ただし、物理的な損害が対象で、煙損害や臭気の付着などの損害は除かれるケースがほとんどです。
保険金は、被災世帯×20~50万円程度の範囲内で、1回の事故につき保険金額の20%程度が限度額です。※保険会社により異なります

■修理付帯費用保険金
水濡れ事故の原因や、損害の範囲の調査費用や、仮修理費用などに対して支払われる保険金です。
保険金は、保険会社の承認を得て実際に支出した費用、1回の事故につき損害保険金に相当する額や契約金額の10%、または100万円程度が限度になっています。※保険会社により異なります

■特別費用保険金
保険金額の80%を超える保険金が支払われ保険契約が終了する時や、全損の場合などの際に建て替えたり、再取得しなくてはならないほど大きな損害が生じた際に支払われる保険金です。
保険金は、損害保険金の10%相当額で200万円程度が限度額となっています。※保険会社により異なります

■水道管修理費用
建物の専用水道管が凍結によって損害を受けた時に、修理に必要な費用に対して支払われる保険金です。
保険金は、1回の事故あたり10万円程度が限度額となっています。※保険会社により異なります

■損害(拡大)防止費用保険
火災、落雷、破裂・爆発の事故が起きた時に、延焼拡大防止の消火活動に支出した費用または有益な費用(消火薬剤のつめかえ費用など)に対して支払われる保険金です。
保険金は、実際に支出した費用が支払われることが多いです。※保険会社により異なります

■地震火災費用保険金
火災保険では、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災は補償対象外ですが、少しでも地震に対する損害を補償する目的で用意されているのが、地震火災費用保険金です。
これは地震・噴火による火災で建物が半焼(建物の焼失面積が延べ床面積の20%を超える)、家財が全焼(損害額が評価額の80%以上)した場合に支払われる保険金です。
保険金は多くの保険会社で保険金額の5%、300万円限度で、大手の保険会社は自動付帯の場合が多いです。
保険会社によっては最大50%までに増額でき、地震保険と併せて、地震による火災では評価額の全額が補償されます。

「費用保険金」は火災保険の補償の中で見落とされがちですが、万一の際に重要となる補償となりますので、忘れないようにしましょう。

それぞれの保険会社の費用保険金にどんなものが気になる方はこちらで解説しています。
→ SBI損保の費用保険は「事故に伴う費用について」で解説しています。
→ AIG損保の費用保険は「◇補償3 費用の補償」で解説しています。
→ 共栄火災の費用保険は「安心あっとホームのプランをご紹介!」で解説しています。

火災保険の代表的な特約・オプションをご紹介!

火災保険には、補償以外に特約・オプションが用意されています。
この特約・オプションに関しても、つけるかつけないかを選ぶことができます。
そこで、今回は火災保険の代表的な特約・オプションをご紹介しますので、参考にしてみてください。

類焼損害補償


消防活動の放水などで類焼先の建物や家財に与えた損害を補償する特約・オプションです。
これは類焼先の損害を補償するものですが、類焼先の火災保険で損害が補えない場合にしか保険金が支払われなないことが多いので、補償内容を詳しく確認することが大切です。

個人賠償責任補償


階下への漏水損害など、他人への様々な賠償に備える特約・オプションです。
これは、住宅の所有、使用または管理に起因する偶然な事故や、日常生活に起因する偶然な事故で他人の身体の障害または他人の財物に損害を与え、法律上の賠償責任を負担することによる損害に対して支払われます。
この個人賠償責任補償は分譲マンションや賃貸住宅の火災保険にセットする代表的な特約・オプションとなっています。
分譲マンションでは管理組合が契約している共用部分の火災保険にこの特約がセットされている場合があり、居住者はそれを利用することも可能です。
また、個人で加入している自動車保険や傷害保険にオプションとしてセットされているケースもありますので、この特約を補償に加える際はよく確認してください。

※特約・オプション名は保険会社により異なりますのでご注意ください。

地震保険の気になる疑問?回答します!!

火災保険だけには加入しているけど、火災保険だけでは地震の時にホントに何ももらえないの?
何ももらえません。
FPみぃ子

火災保険では 、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする損壊・ 埋没・ 流失による建物や家財の損害は何も補償をしてくれません。


地震等により延焼、拡大した損害も補償してくれませんので、地震に備えるためには地震保険が必要なんです。
なお、火災保険の特約のなかには地震保険とは関係なく、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災によって一定以上の損害が生じた時に、「地震火災費用保険金」が支払われることがありますが、火災限定の補償となりますし、建物の火災保険金額の5%程度や1事故1敷地内につき300万円が限度など、さまざまな条件があります。

火災保険に入らずに地震保険だけ加入することはできる?
地震保険のみに加入することはできません。
FPみぃ子

地震保険は単独で契約することができませんので、必ず主契約となる建物や家財の火災保険とセットで契約する必要があります。
地震保険は、居住用建物および家財を対象とした火災保険の契約時に原則自動付帯になりますが、契約者の希望で加入しないこともできます。
火災保険の契約時に地震保険を契約しなかった場合、火災保険の保険期間の途中から地震保険に加入することはできます。
火災保険の主契約が建物と家財の場合、両方に地震保険を掛けることも、いずれか片方にのみ地震保険を掛けることも可能です。

地震保険をどこの保険会社で加入しようか悩んでいるのだけど、どこの保険会社の地震保険に入っても同じってホントなの?
地震保険はどこの保険会社でも同じです。
FPみぃ子

地震保険は、地震等による被災者の生活の安定に寄与することを目的とした「地震保険に関する法律(地震保険法)」に基づく保険なので、政府と保険会社が共同で運営している公益性の高い保険となっています。
そのため、地震保険の補償内容や保険料はどの会社も一律となっているんです。

地震保険ではいくらくらい補償されるの?
最大で主契約となる建物および家財の火災保険金額の半分までです。
FPみぃ子

地震保険の保険金額は、主契約となる建物や家財の火災保険金額の30~50%の範囲内で設定することになります。
ただし建物は5000万円、家財は1000万円が限度となります。
なぜかというと、地震保険は被災物件の完全復旧や建て替えが目的ではなく、地震等による被災者の生活の安定に寄与することを目的としているからです。
巨大地震が発生した場合でも保険金の支払いに支障がないよう、保険会社などが負う地震保険責任を政府が再保険することにより、地震保険の普及を図っています。

万が一保険会社が破綻した場合は補償はどうなってしまうの?
保険会社が経営破たんしたとしても100%補償されますので、安心してください。
FPみぃ子

居住用建物または家財を保険の対象とする地震保険は、「損害保険契約者保護機構」の補償対象なため、保険会社が経営破たんしても保険金は100%、解約返戻金等は全額補償されるんです。

【無料】最大26商品の見積もりを比較可能サービスをご紹介!

今回ご紹介したいのが、無料見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!

火災保険の無料見積りサービスは沢山ありますが、「保険スクエアbang!」は、たった30秒の入力で簡単に見積りができるんです。

保険アドバイザーが無料診断してくれる!

保険スクエアbang!」は、火災保険のプロである保険アドバイザーが無料診断してくれるので、本当に必要な補償のみに加入することができます。

補償って何をつけるべきか全然わからない…。
沢山付けたら、火災保険料が高くなるし。

という方には、保険アドバイザーが必要な補償を教えてくれるので安心ですよね。
さらに、120万件の契約実績もあるので、安心できますよ!

最大26商品から見積もり比較できる!

火災保険26商品を自分で比較しようとしたら、とても時間もかかるし、大変ですよね。
保険スクエアbang!」なら、それを保険アドバイザーが適切な火災保険を選んで提案してくれるんです!
最大26商品から選んでくれるので自分にピッタリな火災保険に加入できますよ。

私が調べた火災保険見積もりサービスの中で、一番比較できる商品数が多かったです。
比較するなら、簡単にできるだけ多くの選択肢から、一番良いものを選びたいですよね。
FPみぃ子

さらに!おすすめポイント

  • 火災保険の無料診断後は、納得がいくまで何度でも無料で相談できる!
    見積りだけ渡されて終わりというわけではなく、本当に納得するまで細かく相談できるのは嬉しいですよね。
  • 無理な勧誘が一切ない
    火災保険の無料診断をしたからと言って、必ず契約をしなければならないということはありません
    自分に合った火災保険を見つけられた時だけ、契約すればいいんです!

火災保険の比較って一人でするの難しいとおもってたんだよね。
これ使えば簡単で速いし便利だね。

そうなんです。
これからは、簡単便利に火災保険料を安く契約してくださいね。
FPみぃ子

-地震保険
-,

Copyright© かしこい火災保険の選び方 , 2019 All Rights Reserved.