FP 年金

年金が少ないと不安なら企業年金・企業型年金・iDeCo・国民年金基金を活用しよう。

公的年金(国民年金・厚生年金)では、将来の年金額が不安…。

FPみぃ子
このような方にむけて、今回は60歳以降に公的年金にプラスしてもらえる企業年金について紹介します。

企業年金とは?

企業年金は、企業から退職後に支給される年金のことです。

企業年金には、

  • 確定給付型・・・給付額が確定している
  • 確定拠出型・・・掛金の額が確定している

の2種類があります。

確定給付型企業年金とは?

確定給付型企業年金(DB)には、厚生年金基金確定給付企業年金があります。
確定給付型企業年金は、老齢給付と脱退一時金の他に、障害給付や遺族給付を行うことも可能となります。

FPみぃ子
給付される年金は、公的年金等控除の対象となります。

厚生年金基金

厚生年金基金は、厚生年金に上乗せすることを目的としている年金です。
2014年4月1日以降は、厚生年金基金の新設は認められていません。

支給開始年齢は老齢厚生年金と同じく60~65歳となります。

加入者(従業員)の負担した掛金は、社会保険料控除の対象です。

確定給付企業年金

確定給付企業年金には、規約型と基金型があります。

  • 規約型企業年金・・・労使合意の年金規約に基づき、事業主が資産管理運用機関(信託銀行や生保など)と積立金の管理・運用に関する契約を結び、資産管理運用機関が年金資産の管理、運用、給付を行うもの。
  • 基金型企業年金・・・企業とは別の法人格を持つ基金を設立して年金資産管理を行うもの。

確定給付企業年金の掛金は、事業主負担ですが、規約に定めれられていれば従業員も負担できます。

加入者(従業員)が負担した掛金は生命保険料控除の対象となります。

確定拠出年金とは?

確定拠出年金(DC)には、企業型年金(企業型DC)個人型年金(iDeCo)の2つがあります。
原則、60歳まで引き出し・脱退は不可となります。

確定拠出年金は、運用商品の中から加入者本人が運用指図を行い運用リスクを負います。
運用商品には、預貯金、保険商品、投資信託等で3つ以上提示されます。
運営機関によって、口座管理手数料や運用できる金融商品は異なります。

加入者が負担した掛金は全額が小規模企業共済等掛金控除の対象となります。

企業型年金の加入者が確定給付型企業年金だけがある企業に転職をした場合や、退職して国民年金第1号被保険者・第3号被保険者になった場合は、年金資産を国民年金基金連合会に移し、個人型年金に移管することができます。

通算加入者期間が10年以上あれば、60歳以降に老齢給付を受給することができます。

老齢給付の年金は公的年金等の雑所得として公的年金等控除の対象となります。
一時金として受給した老齢給付金は退職所得として分離課税となります。

企業型年金(企業型DC)

企業型年金の加入者は、原則60歳未満の全従業員です。
規約に定めれば、65歳未満でも加入できます。

掛金の年額上限(月額)

  • 企業型年金のみの加入企業:66万円(5.5万円)
  • 企業年金と確定給付型年金に同時加入している企業:33万円(2.75万円)

企業型年金の拠出者は、企業で従業員が上乗せすることも可能です。
運営主体は企業(事業主)となります。

個人型年金(iDeCo)

個人型年金の加入者は、20歳以上60歳未満の国民年金第1号被保険者・第3号被保険者、厚生年金の被保険者となります。

掛金の年額上限(月額)

  • 国民年金第1号被保険者は付加年金または国民年金基金と合算:81.6万円(6.8万円)
  • 企業年金がない厚生年金被保険者、国民年金第3号被保険者:27.6万円(2.3万円)
  • 企業型年金加入者:24万円(2万円)
  • 確定給付型企業年金加入者、公務員:14.4万円(1.2万円)
FPみぃ子
個人型年金の掛金の最低月額は5,000円からとなります。

個人型年金の拠出者は、加入者本人で中小事業主が上乗せすることも可能です。
運営主体は国民年金基金連合会となります。

自営業者が公的年金にプラスするためには・・・

自営業者等の年金制度には、

  • 付加年金
  • 国民年金基金
  • 小規模企業共済
  • 中小企業退職金共済

の4種類があります。

付加年金とは?

付加年金の加入者は、第1号被保険者だけです。

掛金(月額)

400円を国民年金保険料に上乗せ

付加年金納付月数×200円が老齢基礎年金に増額されます。
※付加年金と国民年金基金の併用はできません。

年金の支給繰上げ、繰下げをすると付加年金も連動して繰上げ(減額)・繰下げ(増額)されます。

国民年金基金とは?

国民年金基金の加入者は、国民年金の第1号被保険者、任意加入被保険者(60~64歳)です。

掛金(月額)

確定拠出年金と合算して上限6.8万円

国民年金基金の掛金は、加入者本人が負担します。

掛金の全額が社会保険料控除の対象となります。

小規模企業共済とは?

小規模企業共済の加入者は、従業員20人以下の個人事業主または会社役員です。
従業員は加入することはできません。

掛金(月額)

1,000円~7万円。
増額も減額も可能です。

小規模企業共済の掛金は、加入者本人が負担します。

掛金の全額が小規模企業共済等掛金控除の対象となります。

中小企業退職金共済とは?

中小企業退職金共済の加入者は、一定の要件を満たす中小企業の全従業員です。
事業主や役員は加入することはできません。

掛金(月額)

5,000円~3万円。
新規加入後4カ月目から1年間の掛金1/2を国が助成してくれます。(従業員ごと5,000円が上限)

中小企業退職金共済の掛金は、企業(事業主)が負担します。

福利厚生費として全額損金(必要経費)となります。

【無料】最大26商品の見積もりを比較可能サービスをご紹介!

今回ご紹介したいのが、無料見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!

火災保険の無料見積りサービスは沢山ありますが、「保険スクエアbang!」は、たった30秒の入力で簡単に見積りができるんです。

保険アドバイザーが無料診断してくれる!

保険スクエアbang!」は、火災保険のプロである保険アドバイザーが無料診断してくれるので、本当に必要な補償のみに加入することができます。
補償って何をつけるべきか全然わからない…。 沢山付けたら、火災保険料が高くなるし。
という方には、保険アドバイザーが必要な補償を教えてくれるので安心ですよね。 さらに、120万件の契約実績もあるので、安心できますよ!

最大26商品から見積もり比較できる!

火災保険26商品を自分で比較しようとしたら、とても時間もかかるし、大変ですよね。 「保険スクエアbang!」なら、それを保険アドバイザーが適切な火災保険を選んで提案してくれるんです! 最大26商品から選んでくれるので自分にピッタリな火災保険に加入できますよ。
私が調べた火災保険見積もりサービスの中で、一番比較できる商品数が多かったです。 比較するなら、簡単にできるだけ多くの選択肢から、一番良いものを選びたいですよね。
FPみぃ子

さらに!おすすめポイント

  • 火災保険の無料診断後は、納得がいくまで何度でも無料で相談できる! 見積りだけ渡されて終わりというわけではなく、本当に納得するまで細かく相談できるのは嬉しいですよね。
  • 無理な勧誘が一切ない! 火災保険の無料診断をしたからと言って、必ず契約をしなければならないということはありません。 自分に合った火災保険を見つけられた時だけ、契約すればいいんです!
火災保険の比較って一人でするの難しいとおもってたんだよね。 これ使えば簡単で速いし便利だね。
そうなんです。 これからは、簡単便利に火災保険料を安く契約してくださいね。
FPみぃ子

保険スクエアbang!はコチラから

  • この記事を書いた人

ファイナンシャルプランナーみぃ子

火災保険の選び方では、火災保険会社のホームページや資料情報から、料金や保険内容を細かくまとめて紹介しています。もちろん、ファイナンシャルプランナーならではの視点でアドバイスしているので、これから火災保険の加入や変更を考えている方は是非チェックしてください。

にほんブログ村 ファイナンシャルプランナー 地震・災害へ

-FP, 年金

© 2020 火災保険の相場。選び方からランキングまで【FP監修】