FP 保険

生命保険契約時に出てくる基本の言葉の意味を解説。全部知っていますか?

生命保険の契約時や検討段階であっても、当たり前のように使われている用語があります。
しっかり意味を理解していないと、必要な時に補償を受け取れない…。なんてことになってしまうかもしれません。

FPみぃ子
今回は、生命保険に出てくる基本の言葉について紹介していきましょう。

生命保険の基本の言葉

今回解説する生命保険の基本の言葉一覧

  • 契約者
  • 保険者
  • 被保険者
  • 受取人
  • 諾成契約
  • 解約返戻金
  • 特約
  • 生存保険
  • 生死混合保険
  • 予定死亡率
  • 予定利率
  • 予定事業費率
  • 前納払い
  • 一時払い
  • 平準払方式

契約者(けいやくしゃ)

契約者とは、契約を結ぶ人、保険料を支払う人のことです。

保険者(ほけんしゃ)

保険者とは、保険金を支払う人のことで主に保険会社をさします。

被保険者(ひほけんしゃ)

被保険者とは、生死・病気・ケガなどが保険対象となっている人のことです。

受取人(うけとりにん)

受取人とは、保険金や給付金、年金などを受け取る人のことです。

諾成契約(だくせいけいやく)

諾成契約とは、当事者双方の合意だけで成立する契約のことで、生命保険契約は諾成契約となります。

解約返戻金(かいやくへんれいきん)

解約返戻金とは、保険を中途解約した時に保険会社から契約者に払い戻されるお金のことです。

特約(とくやく)

特約とは、主契約(基本となる契約)にプラスして契約する保険のことです。

生存保険(せいぞんほけん)

被保険者が満期時まで生きていた時に支払われる保険のことです。
主に、年金保険などです。

生死混合保険(せいしこんごうほけん)

生死混合保険とは、死亡・高度障害では死亡保険金・高度障害保険金が支払われ、満期まで生存していた場合は生存保険金が支払われる保険のことです。
主に、養老保険などです。

予定死亡率(よていしぼうりつ)

予定死亡率とは、過去の統計に基づく男女別、年齢別の死亡率のことです。
一般的に予定死亡率が高いほど、保険料は高くなります。
※個人年金保険においては、予定死亡率が低いほど、保険料が高くなります。(年金支払い期間が長くなるため)

予定利率(よていりりつ)

予定利率とは、保険会社が見込む運用利回りのことです。
予定利率が高いほど、保険料は安くなります。

予定事業費率(よていじぎょうひりつ)

予定事業費率とは、保険会社が事業を運営するのに必要な費用の保険料に対する割合のことです。
予定事業費率が高いほど、保険料は高くなります。

前納払い(ぜんのうばらい)

前納払いとは、保険料支払い期日よりも前に何か月分かまとめて支払うことを言います。

一時払い(いちじばらい)

一時払いとは、全期間の保険料を契約時に一括で支払うことを言います。
一時払いをした場合、保険料を払った年に1回だけ生命保険料控除の対象となります。

平準払方式(へいじゅんばらいほうしき)

平準払方式とは、払込期間を通じて保険料が変わらない方式のことです。

ステップ払方式(すてっぷばらいほうしき)

ステップ払方式とは、はじめの保険料を低く、その後の保険料を高くする方式のことです。

【無料】最大26商品の見積もりを比較可能サービスをご紹介!

今回ご紹介したいのが、無料見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!

火災保険の無料見積りサービスは沢山ありますが、「保険スクエアbang!」は、たった30秒の入力で簡単に見積りができるんです。

保険アドバイザーが無料診断してくれる!

保険スクエアbang!」は、火災保険のプロである保険アドバイザーが無料診断してくれるので、本当に必要な補償のみに加入することができます。
補償って何をつけるべきか全然わからない…。 沢山付けたら、火災保険料が高くなるし。
という方には、保険アドバイザーが必要な補償を教えてくれるので安心ですよね。 さらに、120万件の契約実績もあるので、安心できますよ!

最大26商品から見積もり比較できる!

火災保険26商品を自分で比較しようとしたら、とても時間もかかるし、大変ですよね。 「保険スクエアbang!」なら、それを保険アドバイザーが適切な火災保険を選んで提案してくれるんです! 最大26商品から選んでくれるので自分にピッタリな火災保険に加入できますよ。
私が調べた火災保険見積もりサービスの中で、一番比較できる商品数が多かったです。 比較するなら、簡単にできるだけ多くの選択肢から、一番良いものを選びたいですよね。
FPみぃ子

さらに!おすすめポイント

  • 火災保険の無料診断後は、納得がいくまで何度でも無料で相談できる! 見積りだけ渡されて終わりというわけではなく、本当に納得するまで細かく相談できるのは嬉しいですよね。
  • 無理な勧誘が一切ない! 火災保険の無料診断をしたからと言って、必ず契約をしなければならないということはありません。 自分に合った火災保険を見つけられた時だけ、契約すればいいんです!
火災保険の比較って一人でするの難しいとおもってたんだよね。 これ使えば簡単で速いし便利だね。
そうなんです。 これからは、簡単便利に火災保険料を安く契約してくださいね。
FPみぃ子

保険スクエアbang!はコチラから

  • この記事を書いた人

ファイナンシャルプランナーみぃ子

火災保険の選び方では、火災保険会社のホームページや資料情報から、料金や保険内容を細かくまとめて紹介しています。もちろん、ファイナンシャルプランナーならではの視点でアドバイスしているので、これから火災保険の加入や変更を考えている方は是非チェックしてください。

にほんブログ村 ファイナンシャルプランナー 地震・災害へ

-FP, 保険

© 2020 火災保険の相場。選び方からランキングまで【FP監修】