不動産投資

アパートの火災保険はどうやって選ぶ?火災保険への加入は必須!!

更新日:

FPみぃ子
不動産投資でマンション・アパート1棟を持っている方は、必ず火災保険に加入しておきましょう。
火災保険ってマンション1棟だとかなりの金額支払わなければいけないし、加入するの躊躇しちゃうんだよね。
FPみぃ子
火災保険は、アパートを経営するオーナーを万が一から助ける保険です。
高いからと加入しないというのは、万が一に備えられないのでキケンなのです。

アパートオーナーの火災保険ってどれ?

火災保険会社は沢山ありますが、どの火災保険でもアパートオーナーが加入できるというわけではありません。
アパートオーナー向けの特約が用意されている火災保険でないと、火災保険に加入していても必要な補償を受けることができないのです。

じゃあ、どんな特約がある火災保険ならいいの?
それは、一般的に建物賠償責任補償特約と呼ばれている特約です。
FPみぃ子

建物賠償責任補償特約とは?

建物賠償責任補償特約とは、建物の所有、使用、管理が要因の偶然な事故または建物を賃貸または管理業務の遂行が要因の偶然な事故により他人にケガをさせたり、他人の物を壊したりした結果、法律上の損害賠償責任を負うことによって被った損害を補償してくれる特約のことです。

簡単に言うと、所有しているマンション内での管理業務中に偶然な事故(エレベーターの事故など)で他人をケガさせたりした場合の損害賠償責任を保険金で補償してくれるということです。

不動産投資ということは、所有しているマンション・アパートを賃貸にだすということだと思いますので、建物賠償責任補償特約が付いている火災保険に加入することをおすすめします。

建物賠償責任補償特約が用意されている火災保険一覧

  • AIG損保「ホームプロテクト総合保険」
  • 共栄火災「安心あっとホーム」
  • 損保ジャパン日本興亜「THE すまいの保険」
  • 楽天損保「ホームアシスト」
  • あいおいニッセイ同和損保「タフ・住まいの保険」
  • 三井住友海上「GK すまいの保険」
  • 東京海上日動「トータルアシスト住まいの保険」
  • 日新火災「住宅安心保険」
  • SBI損保
建物賠償責任補償特約のある火災保険って沢山あるんだね。
どれを選んでいいかわからないな。
そうですよね。
なので、アパートの火災保険として、おすすめな特約が建物賠償責任補償特約の他にもありますので、そこに対応している火災保険をご紹介していきたいと思います。
FPみぃ子

アパートの火災保険なら!この特約をチェックしておこう♪

FPみぃ子
今回、おすすめな特約としてご紹介するのがコチラです。

アパートオーナー向けおすすめ特約!

  • 家賃収入特約
  • 家主費用特約
  • マンション居住者包括賠償特約

※火災保険によっては、名称が異なる場合があります。

『家賃収入特約』が用意されている火災保険!

家賃収入特約とは、賃貸住宅に火災などの事故が発生した場合に、損害を受けた結果発生する家賃の損失を、契約時に定めた期間を限度に補償してくれる特約です。

火災などが発生した場合、すぐに建物が修理できるわけではないので、その間の家賃の損失は必ず発生するものです。
ローンの支払いはあるのに、火災が無ければ入ってくるはずだった家賃が入ってこないというのは、アパート経営の大きな痛手となりますよね。

FPみぃ子
そんな時に、家賃収入特約を付けた火災保険に加入していれば、不安を少しは解消することができますよ。

隣の建物から発生した火災であっても、失火責任法により自分の建物は自分の加入している火災保険で補償を受けなければなりません。
そのため、どんなに管理がしっかりしているからといって、火災保険に加入しないということはキケンなのです。

家賃収入特約が用意されている火災保険一覧

  • 共栄火災「安心あっとホーム」
  • 損保ジャパン日本興亜「THE すまいの保険」
  • あいおいニッセイ同和損保「タフ・住まいの保険」
  • 三井住友海上「GK すまいの保険」
  • 日新火災「住宅安心保険」

『家主費用特約』が用意されている火災保険!

家主費用特約とは、賃貸住宅内で自殺、犯罪死、孤独死で賃貸住宅に物的損害が発生した場合に、家賃の損失、修復、清掃、脱臭費用などの原状復旧のための費用、遺品整理費用などを補償してくれる特約です。

所有しているマンション内で、予測不可能な入居者の死には対策しようがありません。
予測できないので防ぐことは難しいかもしれませんが、発生後の補償は火災保険で付けることができます。

火災保険という名前に引っ張られて、火災などの場合だけ補償してくれる保険だと勘違いしている人が多いですが、火災保険は家の保険です。
このような予測不可能な事態が発生した場合でも、特約を付けていれば補償してもらうことができます。

家主費用特約が用意されている火災保険一覧

  • 損保ジャパン日本興亜「THE すまいの保険」
  • あいおいニッセイ同和損保「タフ・住まいの保険」
  • 三井住友海上「GK すまいの保険」

『マンション居住者包括賠償特約』が用意されている火災保険!

マンション居住者包括賠償特約とは、居住用戸室での漏水などの賠償事故、または日常生活における賠償事故による損害を、1回の事故につき最大1億円まで補償してくれる特約です。

この特約は、マンションの居住者を包括的に補償してくれる特約なので、絶対に付けた方が良い特約というわけではありません
基本的に、賃貸住宅入居者が加入する火災保険(家財保険)に、借家人賠償責任特約や個人賠償責任特約をつけることが多いので、無くても問題ないとは思いますが、万が一のために付けておいても良いかもしれません。

マンション居住者包括賠償特約が用意されている火災保険一覧

  • あいおいニッセイ同和損保「タフ・住まいの保険」
あいおいニッセイ同和損保「タフ・住まいの保険」は、おすすめ特約が全部あるんだ。
そうなんです。
なので、アパートの火災保険として、あいおいニッセイ同和損保「タフ・住まいの保険」は検討しておくべき火災保険と言えます。
FPみぃ子

アパートやマンション1棟の火災保険は、戸建や区分マンションの所有よりも火災保険料が高額なので、いろいろな火災保険で見積りをとって比較する方が良いと思います。
必要な補償・特約はどれなのかを自分で判断することが大切です。

【無料】最大26商品の見積もりを比較可能サービスをご紹介!

今回ご紹介したいのが、無料見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!

火災保険の無料見積りサービスは沢山ありますが、「保険スクエアbang!」は、たった30秒の入力で簡単に見積りができるんです。

保険アドバイザーが無料診断してくれる!

保険スクエアbang!」は、火災保険のプロである保険アドバイザーが無料診断してくれるので、本当に必要な補償のみに加入することができます。

補償って何をつけるべきか全然わからない…。
沢山付けたら、火災保険料が高くなるし。

という方には、保険アドバイザーが必要な補償を教えてくれるので安心ですよね。
さらに、120万件の契約実績もあるので、安心できますよ!

最大26商品から見積もり比較できる!

火災保険26商品を自分で比較しようとしたら、とても時間もかかるし、大変ですよね。
保険スクエアbang!」なら、それを保険アドバイザーが適切な火災保険を選んで提案してくれるんです!
最大26商品から選んでくれるので自分にピッタリな火災保険に加入できますよ。

私が調べた火災保険見積もりサービスの中で、一番比較できる商品数が多かったです。
比較するなら、簡単にできるだけ多くの選択肢から、一番良いものを選びたいですよね。
FPみぃ子

さらに!おすすめポイント

  • 火災保険の無料診断後は、納得がいくまで何度でも無料で相談できる!
    見積りだけ渡されて終わりというわけではなく、本当に納得するまで細かく相談できるのは嬉しいですよね。
  • 無理な勧誘が一切ない
    火災保険の無料診断をしたからと言って、必ず契約をしなければならないということはありません
    自分に合った火災保険を見つけられた時だけ、契約すればいいんです!

火災保険の比較って一人でするの難しいとおもってたんだよね。
これ使えば簡単で速いし便利だね。

そうなんです。
これからは、簡単便利に火災保険料を安く契約してくださいね。
FPみぃ子

-不動産投資

Copyright© FPが教える!火災保険の節約術! , 2019 All Rights Reserved.