戸建・分譲マンション

火災保険は台風でカーポート・車庫や門に損害がでても補償される!?

更新日:

FPみぃ子
建物を保険対象として火災保険を契約していて、台風で建物ではなく車庫や門に損害が発生した場合に補償されるかされないかわかりますか?
建物ってことは家だけの補償なんじゃない?
ってことは、されない!
FPみぃ子
基本的にどの火災保険でも家本体だけでなく車庫や門などの付属建物についても補償されます
もし、台風で車庫や門に損害を受けた場合は、保険金がもらえるということなんです。

火災保険の建物には「車庫」や「門」などの付属建物が含まれる!

火災保険14社、共済3社の火災保険商品を確認したところ、すべての火災保険で車庫や門などの付属建物が建物に含まれると記載してありました。

17社のうち、火災保険会社7社では契約時に門や車庫などの付属建物を補償対象から外すことも可能とのことでした。

確認した火災保険会社14社・共済3社合計17社

火災保険会社14社

  • チャブ保険「住宅総合保険」
  • AIG損保「ホームプロテクト総合保険」(外すことも可)
  • SBI損保(含めないも可)
  • 共栄火災「安心あっとホーム」(外すことも可)
  • 損保ジャパン日本興亜「THE すまいの保険」
  • 楽天損保「ホームアシスト」(外すことも可)
  • あいおいニッセイ同和損保「タフ・住まいの保険」「マイホームぴたっと」(外すことも可)
  • 三井住友海上「GK すまいの保険」(外すことも可)
  • セコム損保「セコム安心マイホーム保険」
  • 東京海上日動「トータルアシスト住まいの保険」
  • 日新火災「住宅安心保険」
  • NIA「住宅総合保険」(外すことも可)
  • セゾン自動車火災「じぶんでえらべる火災保険」
  • ソニー損保「新ネット火災保険」

共済3社

  • こくみん共済coop(旧 全労災)「住まいる共済」
  • JA共済「建物更生共済「むてきプラス」」
  • 都民共済「新型火災共済」
FPみぃ子
この17社のうち、他の火災保険とは違う決まりのある火災保険の車庫や門などの付属建物の取り扱いについて紹介していきたいと思います。

他の火災保険とは異なる付属建物の取り扱い火災保険とは?

大半の火災保険では、保険対象を建物と設定している場合、車庫や門などの付属建物は補償対象となると決められています。
先ほど紹介した通り、17社中7社では契約時に車庫や門などの付属建物を補償対象から外すことも可能となっています。

FPみぃ子
さらに、三井住友海上「GK すまいの保険」全労災「住まいる共済」では、他の火災保険とは異なる決まりがあるんです。
どういうこと?

三井住友海上「GK すまいの保険」

三井住友海上「GK すまいの保険」には以下のような決まりが用意されています。

付属建物(物置、車庫等)

  • 延床面積66㎡未満
    契約時に含めない旨の申出をしない限り、建物契約の保険対象に含まれる。
  • 延床面積66㎡以上
    保険対象に含める場合は、「屋外明記物件特約」をセットする必要がある。
    「屋外明記物件特約」をセットしない場合、保険対象に含まれない。

三井住友海上「GK すまいの保険」では、延床面積の大きさによって、保険対象に含まれるか含まれないかが異なります
また、特約を付けなければ補償されないこともありますので、ご契約時に注意が必要です。

こくみん共済coop「住まいる共済」

こくみん共済coop(旧 全労災)「住まいる共済」には以下のような決まりが用意されています。

火災共済:付属建物等風水害共済金
風水害等によって付属建物や付属工作物に10万円を超える場合・・・1世帯あたり2万円

自然災害共済:付属建物等特別共済金(物置、納屋、車庫、門、塀、垣、カーポートなど)
大型タイプの住宅契約に20口以上加入している場合のみ対象

  • 風水害等による損害額が10万円を超える場合
  • 地震等による損害額が20万円を超える場合
    ・・・1世帯あたり3万円

こくみん共済coop「住まいる共済」の火災共済のみに加入している場合は、風水災等によって10万円を超える損害の場合に共済金2万円が支払われ火災共済と自然災害共済に加入している場合は、1世帯あたり5万円(2万円+3万円)が支払われるということになります。

こくみん共済coopの場合、契約時に補償を受けるための決まりはありませんが、支払われる共済金は損害額ではなく決められています

FPみぃ子
今回ご紹介した2社で火災保険の契約をしている方は、車庫や門に損害が発生した場合に保険金が支払われるかしっかり確認しておきましょう。

基本的に火災保険で保険対象を建物として契約している場合は、付属建物である車庫や門は補償されます。
火災保険料を支払っているので、受けられる補償は受けないともったいありません。
車庫や門などの損害は自分で直してしまわずに、契約している火災保険会社へ一度連絡することをおすすめします。

火災保険の保険金請求にはリフォーム会社の見積りが必要!

FPみぃ子
家に損害が生じた場合、火災保険の保険金請求には修理依頼をするリフォーム会社からの見積書を提出する必要があります

保険金請求の4つのSTEP

  1. 加入している火災保険会社へ事故連絡
  2. 被害状況に応じて損害具合を訪問確認
  3. 保険金請求の必要書類を提出
  4. 支払われる保険金額の確定・支払い

FPみぃ子
STEP3の保険金請求の必要書類はこちらです。

保険金請求の必要書類

  • 保険金請求書(火災保険会社から送られてくる)
  • 事故内容報告書(火災保険会社から送られてくる)
  • 罹災証明書(消防署から発行される証明書)
  • 修理見積書(修理を依頼するリフォーム会社からの見積り)
  • 損害明細書(火災保険会社から送られてくる)
  • 写真(損害状況を写真に撮っておく)

などを提出する必要があります。
提出する書類は、どのような損害を受けたのか(台風による屋根修理なのか、盗難なのか、損害賠償なのかなど)によっても、火災保険会社によっても異なります
事故連絡の際に、火災保険会社から必要書類についての説明があるので、詳しく聞いておきましょう。

火災保険金の請求時点で、リフォーム会社から提出される修理見積書が必要となります。
損害状況を写真に撮っておけば、保険金をもらう前に修理をしてしまうことも可能です。

FPみぃ子
火災保険会社へ事故連絡が済んだら、すぐにリフォーム会社に修理依頼をしてしまいましょう。
早く修理するためにも、保険金がおりるのを待っていてはいけません!

リフォーム会社への見積り依頼はこちら

-戸建・分譲マンション
-

Copyright© FPが教える!火災保険の節約術! , 2019 All Rights Reserved.