戸建・分譲マンション

火災保険マンション(新築も中古も)の8社の火災保険料を比較!

FPみぃ子
火災保険を選び時に一番気になるのが火災保険料ですよね。
そりゃそうだよ。
FPみぃ子
そこで、今回は分譲マンションの火災保険を8社分比較し(新築・中古)おすすめを紹介したいと思います。

火災保険のおすすめを紹介♪マンションの火災保険料を比較してみた!

なんで新築・中古の両方を比較する必要があるの?

火災保険料は建物の築年数によっても変わってきます。
築年数が少ない(新築)ほど火災保険料が安くなる火災保険会社が多いのです。

マンションを購入する場合、戸建のように新築ではないことの方が大半ではないでしょうか。
そのため、新築・中古両方の火災保険を比較するのです。
FPみぃ子

新築の分譲マンションの火災保険料を比較!

FPみぃ子
新築マンションで火災保険料を見積もった結果がこちらです。

新築マンションの火災保険料

火災保険会社
「商品名」
こくみん共済coop
「住まいる共済」
日新火災
「住自在」
セコム損保
「セコム安心マイホーム保険」
楽天損保
「ホームアシスト」
損保ジャパン
「THE すまいの保険」
セゾン自動車火災
「じぶんでえらべる火災保険」
ソニー損保
「新ネット火災保険」
ジェイアイ傷害火災保険
「ieho」
火災保険料
―――――
9,940円
6,790円
6,450円
8,450円
7,730円
6,463円
5,510円
地震保険料込
18,000円
27,270円
23,670円
23,330円
27,950円
24,610円
23,343円
22,390円

赤字:一番火災保険料高い 青字:一番火災保険料が安い

火災保険料の見積り条件

  • 保険金額:建物1000万円、家財500万円
  • 基本補償:契約できるもの全て(火災~破損など)
  • 保険期間:1年間
  • 建物場所:東京都
それでは、新築マンションで水災補償なしの火災保険料の見積もり結果はこちらです。
FPみぃ子

新築マンション(水災なし)の火災保険料

火災保険会社
「商品名」
こくみん共済coop
「住まいる共済」
日新火災
「住自在」
セコム損保
「セコム安心マイホーム保険」
楽天損保
「ホームアシスト」
損保ジャパン
「THE すまいの保険」
セゾン自動車火災
「じぶんでえらべる火災保険」
ソニー損保
「新ネット火災保険」
ジェイアイ傷害火災保険
「ieho」
火災保険料
―――――
5,740円
5,610円
5,400円
6,940円
6,490円
5,118円
4,830円
地震保険料込
15,750円
24,990円
22,490円
22,280円
26,440円
23,370円
21,998円
21,710円

赤字:一番火災保険料高い 青字:一番火災保険料が安い

火災保険料の見積り条件

  • 保険金額:建物1000万円、家財500万円
  • 基本補償:水災以外の補償
  • 保険期間:1年間
  • 建物場所:東京都

同じ水災補償でも、火災保険会社によって火災保険料が大きく違うものもあれば、数百円しか変わらないものもあります。
全ての補償を付けた(水災補償あり)場合、火災保険料が一番安い火災保険会社が、水災補償なしの場合でも一番安いとは限りません。

つまり、火災保険料は人それぞれ希望する補償内容によって、大きく違ってきてしまうということです。

それでも、同じ補償内容でも火災保険会社によって火災保険料はかなり違いますよね。
1年間で2,000円も金額が違えば、5年間ではもっと大きな価格差となります。

新築マンションの火災保険のおすすめは!

  • ジェイアイ傷害火災「ieho」
  • ソニー損保「新ネット火災保険」

の2社です。
理由は、新築の火災保険料が安いという点になります。
もちろん、補償内容は各火災保険会社に特徴がありますので、一概には言えませんが、インターネットで簡単に見積りができて契約ができるのも、大きなメリットになると思います。

中古の分譲マンションの火災保険料を比較!

FPみぃ子
中古マンションで火災保険料を見積もった結果はこちらです。

中古マンションの火災保険料

火災保険会社
「商品名」
こくみん共済coop
「住まいる共済」
日新火災
「住自在」
セコム損保
「セコム安心マイホーム保険」
楽天損保
「ホームアシスト」
損保ジャパン
「THE すまいの保険」
セゾン自動車火災
「じぶんでえらべる火災保険」
ソニー損保
「新ネット火災保険」
ジェイアイ傷害火災保険
「ieho」
火災保険料
―――――
9,940円
7,180円
8,400円
9,380円
7,730円
6,826円
6,340円
地震保険料込
18,000円
27,270円
24,060円
25,280円
28,880円
24,610円
23,706円
23,220円

赤字:一番火災保険料高い 青字:一番火災保険料が安い

火災保険料の見積り条件

  • 保険金額:建物1000万円、家財500万円
  • 基本補償:契約できるもの全て(火災~破損など)
  • 保険期間:1年間
  • 建物場所:東京都
マンションの高層階だから水災の補償は必要ない気がするんだけど…
そんな方のために、中古マンションで水災補償なしの火災保険料も見積もってみました。
FPみぃ子

中古マンション(水災なし)の火災保険料

火災保険会社
「商品名」
こくみん共済coop
「住まいる共済」
日新火災
「住自在」
セコム損保
「セコム安心マイホーム保険」
楽天損保
「ホームアシスト」
損保ジャパン
「THE すまいの保険」
セゾン自動車火災
「じぶんでえらべる火災保険」
ソニー損保
「新ネット火災保険」
ジェイアイ傷害火災保険
「ieho」
火災保険料
―――――
5,740円
5,930円
7,000円
7,860円
6,490円
5,481円
5,660円
地震保険料込
15,750円
24,990円
22,810円
23,880円
27,360円
23,370円
22,361円
22,540円

赤字:一番火災保険料高い 青字:一番火災保険料が安い

火災保険料の見積り条件

  • 保険金額:建物1000万円、家財500万円
  • 基本補償:水災以外の補償
  • 保険期間:1年間
  • 建物場所:東京都

各火災保険会社の火災保険料を見積もった結果、築年数によって火災保険料が変わらない火災保険会社もありました。
新築のマンションであれば、築年数が新築ほど火災保険料が安くなる火災保険の方がオススメですが、中古マンションであれば築年数によって火災保険料が変わらない火災保険会社の方がおすすめかもしれません。

中古マンションの火災保険のおすすめは!

  • こくみん共済coop「住まいる共済」
  • 日新火災「住自在」
  • セゾン自動車火災「じぶんでえらべる火災保険」

の3社です。
理由は、築年数によって火災保険料が変わらないところです。
築年数によって火災保険料が変わらないということは、築20年のようなマンションを購入した場合でも、新築のマンションと変わらない火災保険料で補償を受けられるということになります。
※詳細見積もりでは、築年数によって火災保険料が変わる可能性もあります。

注意してほしいこと!

注意してほしいのは、火災保険を料金だけで決めることです。
火災保険は「家の保険」です。
火災保険料ばかりに気を取られて、必要な補償を外してしまっていたら、もしもの場合に保険金をもらうことはできません。

FPみぃ子
火災保険料だけでなく、補償内容もしっかり比較した上で加入することが大切です。

火災保険料の相場が気になる!という方はコチラをご覧ください。

相場
火災地震保険の相場(一戸建て・マンション)を大公開!【最新版】

FPみぃ子今回は火災保険料の相場(一戸建て・マンション)【最新版】について公開しようと思います。 まずは火災保険の基本をおさらいしましょう。 火災保険の保険金額(補償額)の決め方は?など基本をおさらい ...

続きを見る

【無料】最大19商品の見積もりを比較可能サービスをご紹介!

今回ご紹介したいのが、無料見積もりサービス「火災保険の窓口」です。

たった3分の入力で当日見積もりが可能!

せっかく見積もりを依頼したのに、何日も見積もりに時間がかかっていたら忘れてしまいますよね。
火災保険の窓口」は12時までの見積もり依頼なら当日中に見積もりを送ってくれるんです。

契約件数25,000件の実績があるから安心!

火災保険の窓口」は、火災保険のプロが運営しているから、本当に適切な火災保険を選んでもらうことができます。

自分では何がいいのかわからない...。

という方には、プロが選んでくれるので安心ですよね。
さらに、しっかり実績もあるというところが、さらに安心できます!

最大19商品から見積もり比較できる!

火災保険19商品を自分だけで比較しようとしたら、とても大変ですよね。
火災保険の窓口」なら、それを火災保険のプロが適切な火災保険を選んで提案してくれるんです!
19商品から選んでくれるので自分にピッタリな火災保険に加入できますよ。

火災保険の比較って一人でするの難しいとおもってたんだよね。
これ使えば簡単で速いし便利だね。

そうなんです。
これからは、簡単便利に火災保険料を安く契約してください。
FPみぃ子

おすすめ記事

  • この記事を書いた人

ファイナンシャルプランナーみぃ子

火災保険の選び方では、火災保険会社のホームページや資料情報から、料金や保険内容を細かくまとめて紹介しています。もちろん、ファイナンシャルプランナーならではの視点でアドバイスしているので、これから火災保険の加入や変更を考えている方は是非チェックしてください。

にほんブログ村 ファイナンシャルプランナー 地震・災害へ

-戸建・分譲マンション

© 2020 火災保険の相場。選び方からランキングまで【FP監修】