戸建・分譲マンション

火災保険どこがいい?保険料が安い(マンション)上位3社はネット型火災保険だった!

更新日:

FPみぃ子
火災保険どこにしよう?と悩んでいる方のほとんどが火災保険料が安いところが良いなと考えていると思います。
火災保険料は安いに越したことないよね。
FPみぃ子
そこで、今回はマンションの火災保険で保険料が安い3社をご紹介したいと思います。

火災保険12社を比較!保険料が安い火災保険BEST3はこれだ!

FPみぃ子
マンションの火災保険を12社分比較し、どこが保険料が安いのかを調査してみました。

調査した火災保険12社!

  • 都民(県民)共済「新型火災共済」
  • JA共済「建物更生共済」
  • こくみん共済(旧全労災)「住まいる共済」
  • 日新火災「住自在」
  • セコム損保「セコム安心マイホーム保険」
  • 楽天損保「ホームアシスト」
  • 損保ジャパン日本興亜「THE すまいの保険」
  • セゾン自動車火災「じぶんでえらべる火災保険」
  • 三井住友海上「GKすまいの保険」
  • ソニー損保「新ネット火災保険」
  • 東京海上日動「Total assist 住まいの保険」
  • ジェイアイ傷害火災「ieho」

今回は、12社見積もり比較した中で『火災保険料の安い』上位3社をご紹介していきます。

見積もり条件

  • 築年数:新築
  • マンション(M構造)
  • 所在地:東京都
  • 補償対象:建物、家財
  • 保険金額:建物:1500万円、家財:500万円
  • 保険期間:1年間
  • 支払い方法:一括払い
  • 基本補償:できるだけ同じ条件に設定

火災保険料が安いマンションの火災保険TOP3!

FPみぃ子
マンションの火災保険では、保険料が安いのはネット型火災保険の3社でした!

ネット型(ダイレクト型)火災保険とは?

ネット型火災保険とは、代理店で契約することができず、インターネット上で契約者自身が申込み手続きをする必要のある火災保険のことです。
代理店を経由しないことで、火災保険料が抑えられるというメリットがあります。

3位 ソニー損保「新ネット火災保険」

火災保険料(1年間):8,576円

ソニー損保「新ネット火災保険」では、1年間の火災保険料が約8,600円となります。
賃貸住宅の火災保険料でも、不動産会社で言われた通り契約したら2年間で2万円くらいとられるので、分譲マンションで1年間8,600円(2年間16,000円)というのは安い方だと思います。

でも、安いのかわからない!
そんな方には、マンションの火災保険で一番高かった保険料を目安として紹介しておきましょう。
FPみぃ子

一番高い火災保険料はコレ!

火災保険料(1年間):181,151円

12社中JA共済「建物更生共済」の火災保険料が一番高かったです。
この火災保険の保険料が高い理由は、満期返戻金がもらえるということがあるので比較対象にならないかもしれませんが。

満期返戻金のもらえない掛け捨ての火災保険の中では、三井住友海上「GKすまいの保険」の保険料12,910円(1年間)が一番高かったです。

掛け捨ての火災保険で一番高かった火災保険料よりソニー損保「新ネット火災保険」の方が、4,000円以上安いことになります。

ソニー損保の詳しい補償内容はこちらで解説しています。

補償内容
ソニー損保の火災保険はネット販売だから火災保険料が安い!

最近、ソニー損保の自動車保険のCMの最後に、火災保険も!って言ってるよね。 ソニー損保が火災保険も始めたんだ。 そうなんです。 ソニー損保は2018年10月15日から火災保険のネット販売を開始しました …

続きを見る

2位 楽天損保「ホームアシスト」

火災保険料(1年間):8,550円

2位の楽天損保「ホームアシスト」は、3位のソニー損保「新ネット火災保険」とほとんど保険料が変わりませんでしたが、26円差で2位にランクインしました。

楽天損保「ホームアシスト」には、共用部分修理費用補償特約がつけられるので、バルコニー等の使用または管理する建物の共用部分に損害を受け、修理した場合の費用が支払われます。

火災保険料が安いだけでなく、マンションの共用部分の修理費用も補償してくれる特約が付けられるという幅広い補償が用意されているのも楽天損保「ホームアシスト」の特徴です。

FPみぃ子
火災保険は保険料の安さだけでなく補償内容も重要ですよ。

楽天損保の詳しい補償内容はこちらで解説しています。

補償内容
楽天損保の火災保険「ホームアシスト」はネット完結型で2018年契約件数No.1!

楽天損保の3つの火災保険 FPみぃ子楽天損保には、3つの火災保険が用意されています。 住まいや必要な補償内容に合わせて火災保険を選びましょう。 スーパージャンプ(満期戻火災保険) スーパージャンプは、 …

続きを見る

1位 ジェイアイ傷害火災「ieho」

火災保険料(1年間):6,930円

1位はジェイアイ傷害火災「ieho」でした。
ジェイアイ傷害火災「ieho」は、JTBグループとAIGグループが合弁した火災保険会社で、2位、3位よりも保険料がグッと安くなります。

2位の楽天損保「ホームアシスト」より、約1,500円(1年間)くらい安くなるので、長期的に考えれば差額は大きくなります。
ジェイアイ傷害火災「ieho」の必須補償は「火災、破裂・爆発」だけなので、補償範囲を狭めればもっと保険料を安く抑えることが可能となります。

FPみぃ子
火災保険料の安さのみに注目した場合、ジェイアイ傷害火災「ieho」が1位となりました。

ジェイアイ傷害火災の詳しい補償内容はこちらで解説しています。

補償内容
ジェイアイ傷害火災保険の「ieho」はインターネットで申し込むから安い!

FPみぃ子今回は、ジェイアイ傷害火災保険の持ち家専用火災保険「ieho」について紹介していこうと思います。 ジェイアイ傷害火災保険「ieho」は安い!その理由とは? ジェイアイ傷害火災保険は、旅行会社 …

続きを見る

安さだけじゃなく、補償内容も気になる!という方は、ランキング一覧もご紹介していますので、そちらをご覧ください。

今回ご紹介したTOP3の火災保険は、全て自分でインタネット上で契約する必要のある火災保険で、補償内容も必要な分だけ契約することのできる火災保険となります。

しかし、火災保険を検討している中には、プロに必要な補償を選んでほしい!という方や、1回相談してから契約したい!などの方もいらっしゃると思います。
そんな方は、代理店型火災保険や一括見積サービスで見積りをとることをおすすめします。

FPみぃ子
火災保険を選ぶ際は、保険料の安さも大事ですが、補償内容などもしっかり検討してみてくださいね。

【無料】最大26商品の見積もりを比較可能サービスをご紹介!

今回ご紹介したいのが、無料見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!

火災保険の無料見積りサービスは沢山ありますが、「保険スクエアbang!」は、たった30秒の入力で簡単に見積りができるんです。

保険アドバイザーが無料診断してくれる!

保険スクエアbang!」は、火災保険のプロである保険アドバイザーが無料診断してくれるので、本当に必要な補償のみに加入することができます。

補償って何をつけるべきか全然わからない…。
沢山付けたら、火災保険料が高くなるし。

という方には、保険アドバイザーが必要な補償を教えてくれるので安心ですよね。
さらに、120万件の契約実績もあるので、安心できますよ!

最大26商品から見積もり比較できる!

火災保険26商品を自分で比較しようとしたら、とても時間もかかるし、大変ですよね。
保険スクエアbang!」なら、それを保険アドバイザーが適切な火災保険を選んで提案してくれるんです!
最大26商品から選んでくれるので自分にピッタリな火災保険に加入できますよ。

私が調べた火災保険見積もりサービスの中で、一番比較できる商品数が多かったです。
比較するなら、簡単にできるだけ多くの選択肢から、一番良いものを選びたいですよね。
FPみぃ子

さらに!おすすめポイント

  • 火災保険の無料診断後は、納得がいくまで何度でも無料で相談できる!
    見積りだけ渡されて終わりというわけではなく、本当に納得するまで細かく相談できるのは嬉しいですよね。
  • 無理な勧誘が一切ない
    火災保険の無料診断をしたからと言って、必ず契約をしなければならないということはありません
    自分に合った火災保険を見つけられた時だけ、契約すればいいんです!

火災保険の比較って一人でするの難しいとおもってたんだよね。
これ使えば簡単で速いし便利だね。

そうなんです。
これからは、簡単便利に火災保険料を安く契約してくださいね。
FPみぃ子

-戸建・分譲マンション

Copyright© FPが教える!火災保険の節約術! , 2019 All Rights Reserved.