戸建・分譲マンション

火災保険の補償内容を徹底解説!

更新日:

火災保険の補償内容には、火災や落雷、水濡れなどの補償があるということは、各保険会社の火災保険のご紹介の中でご説明してきました。
しかし、

火災の補償はイメージつくけど、落雷とか水濡れの補償ってどんな時に補償してくれるのかわかりずらい。

という方がいらっしゃいます。
そんな方のために、火災保険の基本補償によく入っている補償内容を詳しく解説していきたいと思います。

火災保険をかけていても、どこまでどんなことを補償してくれるのかはわからないという方が多いので、この機会に知っておいて、火災保険をうまく活用してください。

火災保険とは?

火災保険は家を購入した際や、借りた時に入る方が大半だと思います。
それは、自分の身は自分で守る、他人から受けた損害も自分で守るためです。

火災保険は、自分の家が燃えた時に補償を受けるために加入する

という人が多いですが、実は隣の家からのもらい火で自分の家が焼けても、自分の火災保険で補償しなければならないのです。

日本には「失火責任法」という法律があります。
失火責任法とは、他人の家からのもらい火で家が焼けたとしても、出火元に重大な過失がない限り、賠償責任をすることができないという法律です。

火災保険に加入するということは
自らが起こす可能性のある家の損害だけでなく、他人が自分の家に起こす可能性のある家の損害も補償するということなのです。

また、火災保険は火災以外にも様々な事故による損害を補償してくれます。
ただし、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災の損害は火災保険では補償してくれません。
地震に対する補償は地震保険に加入する必要があるので、ご注意ください。
地震保険については、地震保険とは?徹底解説!で詳しく解説しています。

火災保険の保険の対象は「建物」と「家財」

火災保険は「建物」だけでなく、「家財」にもかけることができます。
火災保険の契約では、「建物」「家財」の両方をセットにして契約にしたり、「建物」と「家財」をそれぞれ分けて契約することも可能です。

「建物」を火災保険の対象とする場合、建物本体だけでなく、門や塀、物置、車庫、その他の付属物も含めてかけることができます。
「家財」は、テレビや冷蔵庫などの家電製品から、洋服ダンスなどの家具類、衣類など、建物内に収容される生活用品全般のことを言います。

車庫に置いている自動車は補償の対象となりません。
1個または1組の価額が30万円を超える貴金属、宝石、美術品は、「明記物件」として、申込書に明記しないと補償されない場合があるので、注意が必要です。

「建物」だけに火災保険をかけていたら、大丈夫。

と思っている人がいますが、万が一建物が全焼してしまった場合、家財も全て買い替えなければならなくなるので安易に「建物」だけに火災保険をかけて安心していては十分な補償を受け取れないことになります。
必ず、「家財」にも火災保険をかけることを検討しましょう。

火災保険の補償内容を徹底解説!

火災保険は火災だけを補償するのではなく、様々な事故による損害も補償してくれるとお話しました。
保険会社によっては、補償内容を自由に選択することができる保険もあります。
補償内容を詳しく知ることで、どんな危険があるのかないのか自分で判断できますよね。

それでは、ここからどんなことを補償してくれるのか詳しく解説していきたいと思います。

自然災害リスクを補償

◆火災・落雷・破裂・爆発

これらは、火災保険で最も基本的な補償です。
火災・・・
家が火事になってしまった場合(建物・家財)
放火・失火・もらい火の際に補償を受けることができます。

落雷・・・
・雷で家が火事になってしまった場合(建物)
・落雷による過電流で電化製品が壊れた場合(家財)
落雷の影響でコンセントにつないでいたノートパソコン2台が動かなくなってしまった場合などに補償してくれます。

破裂・爆発・・・
ガス爆発などで建物や家財に損害を受けた時(建物・家財)に補償してくれます。

◆風災・ひょう災・雪災

・台風で屋根が飛ばされた場合(建物)
・台風で屋根についていた雨どいが外れてしまった場合(建物)
・ひょうで屋根瓦が割れてしまった場合(建物)
・大雪で屋根が壊れ、家財も壊れた場合(家財)
などの場合に補償を受けることができます。
日本は台風も雪も多いので、基本契約の中に含まれていることが多い補償です。

◆水災
・河川の氾濫で床上浸水してしてしまった場合(建物)
・土砂崩れで家の中に土砂が流れ込んできた場合(建物)
・集中豪雨で家の中まで水浸しになってしまった場合(建物)
・床上浸水で家電製品が壊れてしまった場合(家財)
・土砂崩れで家が流された場合(建物)
集中豪雨などの水害が増えているので、かけていたほうが良い補償です。
水災の補償は、任意で選択できるようになっている保険が多いです。

日常生活リスクを補償

◆水濡れ

・給排水管が壊れて部屋や家財が水浸しになってしまった場合(建物・家財)
・上の階から水濡れして天丼や床の張り替えをする必要がある場合(建物)
・排水溝の目詰まりで、排水があふれて床材が剥離してしまった場合(建物)
給排水設備の故障による、水濡れの損害を補償してくれます。
マンションで水濡れしてしまい、下の階の住人に損害を与えてしまった場合は、個人賠償責任補償をセットにすると補償してくれます。

◆物体の落下・飛来・衝突

・車が家にぶつかってきてブロック塀が壊れてしまった場合(建物)
・看板が落ちてきて屋根が壊れた場合(建物)
・石が飛んできてガラスが割れてしまった場合(建物)
台風などの強風によって物が飛んできてガラスが割れた場合は、風災で補償されます。
物体の落下・飛来・衝突は、車の当て逃げなどの唐突な事故に対して補償してくれます。

◆騒じょう・集団行動などによる破壊
・デモや労働争議で建物が壊された場合(建物)
集団行動などでの暴力破壊行為によって損害を受けた場合に補償してくれます。

◆盗難・盗難による破損・汚損

・泥棒が入って、ガラスを割られた場合(建物)
・空き巣が入り、家財が盗まれてしまった場合(家財)
盗難によって、建物に損傷、汚損が発生した場合や、家財の盗難によって発生した損害を補償してくれます。
盗難は一戸建てやマンションの低層階で被害が多く、火災保険の支払い件数も多くなっています。
現金が盗まれた場合は、1回の事故による限度額が設定されている保険がほとんどなので、その範囲内で保険金が支払われることになります。

◆偶然な事故による破損・汚損

・子どもが遊んでいる中で、窓ガラスを割ってしまった場合(建物)
・模様替えをしようと家具を移動してたら、壁に穴をあけてしまった場合(建物)
・外壁に変な絵を描かれていたずらされた場合(建物)
誤って建物や家財を壊してしまったなどの、偶然や不注意によって発生した損害を補償してくれます。
ほとんどの保険会社で、任意で選択できる補償となっています。

◆建物電気的・機械的事故(補償)特約

・給湯設備が壊れてしまった場合
・エレベーターが動かなくなってしまった場合
建物に付属している給湯設備や空調設備、エレベーター、床暖房などの機械設備が動かなくなってしまった時に仮修理費用を補償してくれたり、損壊した場合は損害を補償してくれます。
マンションやアパートのオーナー向けの補償です。

火災保険には基本的についている補償や任意で選択する補償がありますが、

補償範囲に設定していたのに、忘れていて保険金を請求しなかった・・・
全部、自分で直してしまった・・・

というもったいないケースが多くあります。
火災保険に加入している方が「建物」や「家財」に損害を受けた場合は、保険の対象となるのか保険会社に連絡して確認することが、火災保険を有効活用する秘訣です。

また、火災保険には費用保険金をもらうことのできる特約を追加することも可能です。
費用保険金の詳細については、火災保険って何?地震保険だけで加入できるの?気になるギモンを回答します!の火災保険の「費用保険金」って何?で説明していますので、参考にしてみてください。

【無料】最大26商品の見積もりを比較可能サービスをご紹介!

今回ご紹介したいのが、無料見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!

火災保険の無料見積りサービスは沢山ありますが、「保険スクエアbang!」は、たった30秒の入力で簡単に見積りができるんです。

保険アドバイザーが無料診断してくれる!

保険スクエアbang!」は、火災保険のプロである保険アドバイザーが無料診断してくれるので、本当に必要な補償のみに加入することができます。

補償って何をつけるべきか全然わからない…。
沢山付けたら、火災保険料が高くなるし。

という方には、保険アドバイザーが必要な補償を教えてくれるので安心ですよね。
さらに、120万件の契約実績もあるので、安心できますよ!

最大26商品から見積もり比較できる!

火災保険26商品を自分で比較しようとしたら、とても時間もかかるし、大変ですよね。
保険スクエアbang!」なら、それを保険アドバイザーが適切な火災保険を選んで提案してくれるんです!
最大26商品から選んでくれるので自分にピッタリな火災保険に加入できますよ。

私が調べた火災保険見積もりサービスの中で、一番比較できる商品数が多かったです。
比較するなら、簡単にできるだけ多くの選択肢から、一番良いものを選びたいですよね。
FPみぃ子

さらに!おすすめポイント

  • 火災保険の無料診断後は、納得がいくまで何度でも無料で相談できる!
    見積りだけ渡されて終わりというわけではなく、本当に納得するまで細かく相談できるのは嬉しいですよね。
  • 無理な勧誘が一切ない
    火災保険の無料診断をしたからと言って、必ず契約をしなければならないということはありません
    自分に合った火災保険を見つけられた時だけ、契約すればいいんです!

火災保険の比較って一人でするの難しいとおもってたんだよね。
これ使えば簡単で速いし便利だね。

そうなんです。
これからは、簡単便利に火災保険料を安く契約してくださいね。
FPみぃ子

-戸建・分譲マンション
-,

Copyright© かしこい火災保険の選び方 , 2019 All Rights Reserved.