戸建・分譲マンション

これを読めば火災保険をマスターできる!火災保険初心者におすすめ記事5選

更新日:

火災保険って火災だけの保険だと思っていませんか?

火災保険って火災にあった時に補償してくれる保険でしょ。
それだけじゃありません。
多くの方が知りませんが、火災保険は火災だけを補償してくれる保険ではないんです!
FPみぃ子

持家、マンション、アパートを所有している方の火災保険加入率は98%の人が加入しています。

しかし、98%の加入率である火災保険に、火災保険が自然災害も対象だと97.8%の人が知らないんです!!
自然災害の中には、風、水害、雷、台風、突風、ひょうなどが入ります。

自然災害で被った損害を修理せずに、放置しておくとシロアリなどの二次被害を招くことになります。
二次被害の損害については、火災保険の補償の対象とはなりません!
二次被害を防ぐためにも、火災保険で自然災害で被った損害を補償してもらい修理することが大切です。

また、火災保険に加入する際に注意したいのが「超過保険」と「一部保険」です。

超過保険は建物の評価額よりも保険金額を高く設定していること、一部保険は建物の評価額に満たない保険金額を設定していることです。
このように、適正な価格で保険金額を設定していない場合、損害にあった時に十分な補償を受け取ることができなくなってしまいます。

火災保険の活用の仕方や、選ぶ方について詳しく知るならこちらの記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

火災保険の基本
必ず知っておきたい火災保険の基本のはなし

知らないと絶対損する火災保険 持家、マンション、アパートを所有している方の火災保険加入率は98%の人が加入しています。 あまり、火災保険に入っていない人はいないということです。 火災保険の保険金が支払 …

続きを見る

火災保険って何が補償されるの?

FPみぃ子
加入している火災保険で何が補償されるか知っていますか?
えっと・・・。なんだっけ?

火災保険は火災だけでなく自然災害リスクも補償されることはご紹介しましたが、火災保険で補償されるのは自然災害リスクだけでもありません。

自然災害リスクと日常生活リスクも補償することが可能です。

火災保険は「建物」だけでなく「家財」にもかけることができます。
「建物」・「家財」の両方だけでなく、それぞれどちらかのみを補償することも可能です。

火災保険は、どこにどんな補償をつけるのかについて自由に選んで加入できる保険が多くなっています。

しかし、火災保険に加入していてもどんな補償を付けたかについて忘れてしまっている人が大半で、せっかく火災保険で補償してくれるのに自費で修理してしまうなんてことも多いんです。

せっかく支払っている火災保険料を無駄にしないように、補償されるものは補償してもらいましょう!

一般的な火災保険で補償してくれる補償内容について、こちらで詳しくご紹介しています。

火災保険の基本
火災保険の補償内容を徹底解説!

火災保険の補償内容には、火災や落雷、水濡れなどの補償があるということは、各保険会社の火災保険のご紹介の中でご説明してきました。 しかし、 火災の補償はイメージつくけど、落雷とか水濡れの補償ってどんな時 …

続きを見る

気になる火災保険料ってどうやって決まるの?

火災保険料って高いな~。
でも、どこの保険会社でも一緒か。
火災保険料は建物や家財の評価額や建物の構造によって変わってきます。
保険会社によっては、保険料の割引制度があるので高すぎると感じるのであれば、見直しをおすすめします。
FPみぃ子

火災保険は建物や家財の評価額に合わせて、保険金を設定すると十分な補償を受けられるようになります。
そのため、建物や家財の評価額によって保険料も変わってくるのです。

評価方法には「再調達価額」での評価と「時価」の評価があります。

  • 再調達価額・・・再度新しく建築する際に必要な費用のこと
  • 時価・・・再調達価額から年月の経過や使用による消耗分を差し引いた費用のこと

最近の火災保険では、「再調達価額」での契約となる場合が多いですが、保険料を安くしようとしすぎて「時価」での契約になっていることもあります。

火災保険が「時価」での評価の場合、損害を補償される際に十分な補償を受けられなくなりますので契約内容をしっかり確認してください。

火災保険の詳しい保険料の決まり方や割引制度について詳しく知りたい方はこちらをご確認ください。

火災保険の基本
火災保険金額の決め方ってどうするの?

火災保険の保険金額の決め方ってどのようにするか知っていますか? 支払う火災保険料は受け取る保険金の金額によって変わってきます。 火災保険は家の保険ともいわれるほど重要な保険ですが、だからと言って保険料 …

続きを見る

火災保険で補償されないケースとは?

火災保険っていろいろ補償してくれるんだよね。
よし!困った時は何でも火災保険に補償してもらおう。
火災保険が補償してくれる損害には条件があり、何でも補償してくれるわけではありません。
FPみぃ子

火災保険に加入していても、故意や重大な過失によって発生した損害は補償してくれません
故意の損害や戦争、核爆発、地震、給排水設備の事故、偶然な事故による破損などは補償してくれないということです。

特に、地震について勘違いをしている方が多いのですが、地震によって津波が発生しその津波で損害を被ったとしても火災保険では補償してくれません。
火災保険の補償内容に水災があるので、補償してくれると思われがちなのですが地震が原因となる津波の場合、地震保険に加入していないと補償はしてくれないんです。

また、水濡れして下の階にも漏水してしまった場合でも、火災保険の水濡れの補償では下の階の人への損害を補償することができません。
これを補償するには「個人賠償責任補償」という火災保険のオプション(特約)に加入しておく必要があります。

このように、ただ火災保険に加入しているだけでは補償してくれない損害もあります
補償してくれないケースについてもっと詳しく知りたいという方はこちらをご覧ください。

火災保険の基本
火災保険こんな時は、補償されない!?火災保険の選び方もご紹介!

火災保険は家の保険と言われています。 だから、家を購入した時には必ず火災保険に入る人が多いと思います。 でも、火災保険の補償内容や保険金が支払われるケース、支払われないケースについて知らない人が大半な …

続きを見る

火災保険の全損ってどんな状態か知ってる?

FPみぃ子
火災保険のパンフレットなどに出てくる言葉の中に「全損」という言葉があります。
どんな意味か知っていますか?
全部壊れたってことじゃないの?

火災保険でいう「全損」という状態は、全て壊れたということと似ていますがしっかり定義が決まっているんです。

  • 保険の対象である建物の焼失・流失または損壊した部分の床面積が、保険の対象である建物の延床面積の80%以上である損害
  • 建物の損害の額が再取得価額(保険金額)の80%以上になった場合

のことを全損(全焼・全壊)と定義しています。

このように何もかも全てが壊れていなくても80%以上の損害であれば「全損」と認定されます。
「全損」という言葉だけでは、1本でも柱が立っていたら「全損」にならないのではないかと思ってしまいがちですが、住めない状態であれば「全損」と認定されるのです。

この損害判定によって貰える保険金の額が変わってきます。

火災保険はもしもの時にしっかり補償を受け取るための保険です。
しかし知識がないと、補償を受け取ることができないこともあるんです。
そのために、火災保険のポイントについてこちらで詳しくご紹介していますので、補償を受け取るための必要な知識を身に付けてください!

火災保険の基本
火災保険の全損ってなに?必ず知っておきたい7つのポイントをご紹介!

FPみぃ子今回は火災保険について知っておきたいポイントについてご紹介していきます。 どんな火災保険に入ればいいの?などの基本的な内容ではなく、火災保険で全損と判断されるのはどんな状態なの?や、見落とし …

続きを見る

FPみぃ子
この5記事を読んでいただければ、火災保険について誰でも詳しくなれます!
もしもの時のために一度読んでみてくださいね!

【無料】最大26商品の見積もりを比較可能サービスをご紹介!

今回ご紹介したいのが、無料見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!

火災保険の無料見積りサービスは沢山ありますが、「保険スクエアbang!」は、たった30秒の入力で簡単に見積りができるんです。

保険アドバイザーが無料診断してくれる!

保険スクエアbang!」は、火災保険のプロである保険アドバイザーが無料診断してくれるので、本当に必要な補償のみに加入することができます。

補償って何をつけるべきか全然わからない…。
沢山付けたら、火災保険料が高くなるし。

という方には、保険アドバイザーが必要な補償を教えてくれるので安心ですよね。
さらに、120万件の契約実績もあるので、安心できますよ!

最大26商品から見積もり比較できる!

火災保険26商品を自分で比較しようとしたら、とても時間もかかるし、大変ですよね。
保険スクエアbang!」なら、それを保険アドバイザーが適切な火災保険を選んで提案してくれるんです!
最大26商品から選んでくれるので自分にピッタリな火災保険に加入できますよ。

私が調べた火災保険見積もりサービスの中で、一番比較できる商品数が多かったです。
比較するなら、簡単にできるだけ多くの選択肢から、一番良いものを選びたいですよね。
FPみぃ子

さらに!おすすめポイント

  • 火災保険の無料診断後は、納得がいくまで何度でも無料で相談できる!
    見積りだけ渡されて終わりというわけではなく、本当に納得するまで細かく相談できるのは嬉しいですよね。
  • 無理な勧誘が一切ない
    火災保険の無料診断をしたからと言って、必ず契約をしなければならないということはありません
    自分に合った火災保険を見つけられた時だけ、契約すればいいんです!

火災保険の比較って一人でするの難しいとおもってたんだよね。
これ使えば簡単で速いし便利だね。

そうなんです。
これからは、簡単便利に火災保険料を安く契約してくださいね。
FPみぃ子

-戸建・分譲マンション
-,

Copyright© FPが教える!火災保険の節約術! , 2019 All Rights Reserved.