事例紹介 戸建・分譲マンション

火災保険の補償の「火災」ってどんな場合に補償されるの?補償ケースをご紹介!

FPみぃ子
火災保険に加入しても、どんな場合に保険金を受け取れるのかわからない方が多いと思います。
火災だったら、家が燃えたら。みたいにアバウトにしかわからないな。
FPみぃ子
そうですよね。
火災であっても出火原因はいろいろあります。
寝たばこが原因の火災コンセントのショートでの出火では違いがあるかわかりますか?
わからない・・・。
補償されるものと補償されないものがあるのかな?
FPみぃ子
そこで、今回は火災保険の補償の中でも「火災」についてピックアップし、どのような場合に補償されるのかについて詳しくご紹介していきます。

火災保険の「火災」は、こんな場合に補償してくれる!

火災保険の補償である「火災」は、火災で家が全焼してしまった場合しか補償されないと思っていませんか?
全焼しなくても、「火災」の補償で、保険金が支払われる場合もあるんです。

「火災」補償でこの場合は保険金がもらえる!

  • 揚げ物の油に火がついて、天井が焦げてしまった(建物)
  • 揚げ物の油に火がついて燃え上がり、キッチンが焦げて、壁の張替えが必要になってしまった(建物)
  • 出火して2階全体が焼失してしまった(建物)
  • 隣の家の出火し自宅にも延焼して半焼してしまった(建物)
  • 隣接したごみ置き場のごみに放火されて自宅も延焼してしまった(建物)
  • 隣接する飲食店から出火し、消火活動による放水で水浸しになり家財が壊れてしまった(家財)
  • タコ足配線のコンセントから漏電によって出火して家が全焼し、収容家財も焼失してしまった(建物・家財)
  • 隣家から出火して類焼し2階部分が全焼、1階は消火作業によって水濡れ損害が発生してしまった(建物)
  • 寝タバコにより、家が燃えてしまった(建物)
  • 留守中に、家電製品がショートし居間から出火、建物が全焼してしまった(建物)

火災保険では、基本的に故意または重大な過失による損害は保険金の支払い対象外となりますが、寝たばこなどの不注意での出火は補償対象となるようです。

火災保険の補償対象を建物にしているのか家財にしているのか建物・家財両方なのかによって、補償される内容が変わってきますので、ご注意ください。

火災保険の「火災」で、こんな場合は補償されるの?

FPみぃ子
先ほどは、「火災」の補償で補償される事例についてご紹介しました。
ここからは、補償されない事例も含めて、気になる疑問におこたえします!

1 火災で火傷などのケガをした場合は補償してくれるの?

火災保険では、火傷などのケガについては補償してくれません。

これはダメなんだ...。
火災なら何でも補償されるわけではありませんのでご注意ください。
FPみぃ子

2 火災で門や塀しか損害を受けなかった場合でも補償してくれるの?

保険対象を「建物」としている場合は、門や塀しか損害を受けなかった場合でも補償してくれます。

火災保険の契約時に「建物」に含まれている門や塀、垣、物置・車庫等を除くと申込書に明記した場合は、補償対象外となりますのでご注意ください。

門だけとか塀だけは補償してくれないのかと思って、自己負担で修理するところだった。
基本的に門や塀しか損害を受けなくても、保険対象を「建物」としていれば建物に損害が無くても補償してくれます。
FPみぃ子

3 火災で建物に設置されているエアコンや室外機、オール電化設備、屋根のソーラーパネル、外の物置に損害を受けた場合は補償してくれるの?

2の質問と同じく、保険対象を「建物」としている場合は、補償対象となります。

保険対象の「建物」に含まれるもの

  • 畳、建具
  • 建物に固定設置されているもの(浴槽、流し、ガス台、調理台、棚、エアコン、エレベーター、リフトなど)
  • 付属建物(門、塀、垣、物置、車庫など)
  • 屋外設備(外灯、ポスト、物干し、遊具など)
建物を保険対象にしていれば、門とかの付属も補償されるんだね。
そうなんです。
ただ、火災保険によって「建物」に含まれるものが異なりますので、加入した火災保険についてよくご確認ください。
FPみぃ子

4 火災が発生し、火災による損害と消火活動による損害を受けた場合は両方補償してくれるの?

消火活動によって発生した損害も含めて、両方補償されます。

火で燃えた部分だけを補償されても、濡れたところも補償してくれないと生活できないもんね。
そうですよね。
なので、「火災」の補償では、消火活動による損害も補償対象となるんです。
FPみぃ子

5 火山が噴火して家が燃えた場合は補償してくれるの?

噴火による火災は火災保険では補償されません。

え。火災なのに補償してくれないの?
噴火による火災の場合は、地震保険に加入している場合であれば地震保険で補償されます。
火災保険では補償されないのでご注意ください。
FPみぃ子

地震保険の補償対象

  • 地震
  • 噴火
  • 地震・噴火による津波を原因とする火災、損壊、埋没、流失

これらの場合は、火災が起きても火災保険では補償してくれません!

FPみぃ子
地震だけでなく、火山や地震で津波が起きそうな地域の方は地震保険にも加入するようにしてください。

火災保険に加入していても、どのような場合に補償されるのかわからなければ、保険金の申請ができません。
もしかしたら、補償対象のものまで自己負担で修理・修繕してしまっていることも・・・。

FPみぃ子
火災保険料を無駄に支払わないためにも、どのような場合で補償されるのかについて確認しておきましょう。

火災保険の保険金請求にはリフォーム会社の見積りが必要!

FPみぃ子
家に損害が生じた場合、火災保険の保険金請求には修理依頼をするリフォーム会社からの見積書を提出する必要があります

保険金請求の4つのSTEP

  1. 加入している火災保険会社へ事故連絡
  2. 被害状況に応じて損害具合を訪問確認
  3. 保険金請求の必要書類を提出
  4. 支払われる保険金額の確定・支払い

FPみぃ子
STEP3の保険金請求の必要書類はこちらです。

保険金請求の必要書類

  • 保険金請求書(火災保険会社から送られてくる)
  • 事故内容報告書(火災保険会社から送られてくる)
  • 罹災証明書(消防署から発行される証明書)
  • 修理見積書(修理を依頼するリフォーム会社からの見積り)
  • 損害明細書(火災保険会社から送られてくる)
  • 写真(損害状況を写真に撮っておく)

などを提出する必要があります。
提出する書類は、どのような損害を受けたのか(台風による屋根修理なのか、盗難なのか、損害賠償なのかなど)によっても、火災保険会社によっても異なります
事故連絡の際に、火災保険会社から必要書類についての説明があるので、詳しく聞いておきましょう。

火災保険金の請求時点で、リフォーム会社から提出される修理見積書が必要となります。
損害状況を写真に撮っておけば、保険金をもらう前に修理をしてしまうことも可能です。

FPみぃ子
火災保険会社へ事故連絡が済んだら、すぐにリフォーム会社に修理依頼をしてしまいましょう。
早く修理するためにも、保険金がおりるのを待っていてはいけません!

リフォームの見積もりならリショップナビがおすすめ!その理由とは?

FPみぃ子
保険金請求のために、リフォームの見積もり請求をするならリショップナビがオススメです。

リショップナビがおすすめな理由

  • 厳しい審査をクリアしたリフォーム会社のみを紹介してくれる。
  • コンシェルジュがリフォームに関する不安や疑問点なども解消してくれる。
  • 「安心リフォーム保証制度」があるから、リフォーム工事中の事故での損害や、引き渡し後1年以内に工事瑕疵があった場合の損害も保証してくれる。

リフォームは大切な住まいに関することなので、安心できることが一番ですよね。
リショップナビは安心できるポイントが沢山あるので、見積もり比較だけじゃないというところがおすすめなんです。

FPみぃ子
火災保険で保険金をもらうためだけでなく、安心して住み続けるためにもリショップナビを活用してみてください。

リショップナビはこちらから

おすすめ記事

  • この記事を書いた人

ファイナンシャルプランナーみぃ子

火災保険の選び方では、火災保険会社のホームページや資料情報から、料金や保険内容を細かくまとめて紹介しています。もちろん、ファイナンシャルプランナーならではの視点でアドバイスしているので、これから火災保険の加入や変更を考えている方は是非チェックしてください。

にほんブログ村 ファイナンシャルプランナー 地震・災害へ

-事例紹介, 戸建・分譲マンション
-

© 2020 火災保険の相場。選び方からランキングまで【FP監修】