事例紹介 戸建・分譲マンション

火災保険の「落雷」ってどんな時に補償されるの?

FPみぃ子
今回は、火災保険の補償の中でも「落雷」について紹介しようと思います。
落雷で電化製品が壊れた時とかに補償されそう。
FPみぃ子
そうですね。
ただ、「落雷」で補償されるのは電化製品などの家財だけではありません。
どんな補償をしてくれるのか詳しく紹介していきましょう。

火災保険の「落雷」で補償されるのはこんなケース!

火災保険には、「火災」だけでなく基本補償の1つとして「落雷」による損害も補償してくれます。

落雷での損害として、家電製品の故障を思い浮かべる人も多いと思いますが、「落雷」の補償はそれだけではありません。

落雷で補償されるケース【家財】

  • 過電流で自宅のテレビが壊れてしまった(テレビ置き型の場合
  • 落雷で電源が入っていたパソコンが壊れてしまった
  • 落雷でテレビの基盤がショートし壊れてしまった

落雷で補償されるケース【建物】

  • 落雷による過電流で自宅のインターホンと壁にネジ止めされているテレビが壊れてしまった
  • 過電流で浄化槽の水中ポンプが損傷してしまった
  • 落雷のせいで配電盤・給湯器ユニット・空調機ユニットが動作不能になってしまった
  • 雷が落ちて屋根に穴があいてしまった

落雷によってテレビが壊れてしまった場合、置き型なのか壁固定型なのかによって保険対象が家財なのか建物なのかが変わってきます。

壁にネジなどで固定されているテレビは、建物の一部となるため、保険対象を「建物」としている場合に補償されます。
また、置き型テレビの場合は「家財」と判断されるため、「家財」を保険対象としていなければ補償されません。

同じ家電製品が落雷で壊れたのに、保険対象が違うんだね。
建物だけ、家財だけ、より建物と家財両方に加入していたほうが良いね。
保険対象を何にしているかによって補償されるかされないかが変わってきます。
落雷で被害を受けるのは目に見える家電製品だけでなく、建物の設備に損害が発生することもありますので、火災保険に加入する際は注意してください!
FPみぃ子

「落雷」こんな場合はどうなるの?

落雷での損害の場合、自宅への直接の落雷だけでなく、敷地の外にある電柱に落ちた雷が原因で過電流などの損害を被ることがあります。

このように、直接の落雷被害ではなくても、火災保険の「落雷」で補償されるのでしょうか?

FPみぃ子
正解は、「落雷」で補償されます。

落雷事故で直接的な損害以外の間接的な損害も補償される!

電柱からの過電流などによって、保険対象に損害が発生した場合でも、落雷が原因であることが認められれば補償してくれます。
落雷事故では、直接的な損害だけでなく、間接的な損害でも補償されるんです。

火災保険の「落雷」では、落雷が原因での損害ということが認められれば補償されるってことだね。
落雷はどの地域でも起こる可能性があるので、保険対象を何にするのかしっかり考えておくことが大切ですよ。
FPみぃ子

火災保険の保険金請求にはリフォーム会社の見積りが必要!

FPみぃ子
家に損害が生じた場合、火災保険の保険金請求には修理依頼をするリフォーム会社からの見積書を提出する必要があります

保険金請求の4つのSTEP

  1. 加入している火災保険会社へ事故連絡
  2. 被害状況に応じて損害具合を訪問確認
  3. 保険金請求の必要書類を提出
  4. 支払われる保険金額の確定・支払い

FPみぃ子
STEP3の保険金請求の必要書類はこちらです。

保険金請求の必要書類

  • 保険金請求書(火災保険会社から送られてくる)
  • 事故内容報告書(火災保険会社から送られてくる)
  • 罹災証明書(消防署から発行される証明書)
  • 修理見積書(修理を依頼するリフォーム会社からの見積り)
  • 損害明細書(火災保険会社から送られてくる)
  • 写真(損害状況を写真に撮っておく)

などを提出する必要があります。
提出する書類は、どのような損害を受けたのか(台風による屋根修理なのか、盗難なのか、損害賠償なのかなど)によっても、火災保険会社によっても異なります
事故連絡の際に、火災保険会社から必要書類についての説明があるので、詳しく聞いておきましょう。

火災保険金の請求時点で、リフォーム会社から提出される修理見積書が必要となります。
損害状況を写真に撮っておけば、保険金をもらう前に修理をしてしまうことも可能です。

FPみぃ子
火災保険会社へ事故連絡が済んだら、すぐにリフォーム会社に修理依頼をしてしまいましょう。
早く修理するためにも、保険金がおりるのを待っていてはいけません!

リフォームの見積もりならリショップナビがおすすめ!その理由とは?

FPみぃ子
保険金請求のために、リフォームの見積もり請求をするならリショップナビがオススメです。

リショップナビがおすすめな理由

  • 厳しい審査をクリアしたリフォーム会社のみを紹介してくれる。
  • コンシェルジュがリフォームに関する不安や疑問点なども解消してくれる。
  • 「安心リフォーム保証制度」があるから、リフォーム工事中の事故での損害や、引き渡し後1年以内に工事瑕疵があった場合の損害も保証してくれる。

リフォームは大切な住まいに関することなので、安心できることが一番ですよね。
リショップナビは安心できるポイントが沢山あるので、見積もり比較だけじゃないというところがおすすめなんです。

FPみぃ子
火災保険で保険金をもらうためだけでなく、安心して住み続けるためにもリショップナビを活用してみてください。

リショップナビはこちらから

おすすめ記事

  • この記事を書いた人

ファイナンシャルプランナーみぃ子

火災保険の選び方では、火災保険会社のホームページや資料情報から、料金や保険内容を細かくまとめて紹介しています。もちろん、ファイナンシャルプランナーならではの視点でアドバイスしているので、これから火災保険の加入や変更を考えている方は是非チェックしてください。

にほんブログ村 ファイナンシャルプランナー 地震・災害へ

-事例紹介, 戸建・分譲マンション
-,

© 2020 火災保険の相場。選び方からランキングまで【FP監修】