事例紹介 戸建・分譲マンション

火災保険で台風による屋根からの雨漏りは補償範囲内?フェンスが壊れたら?

更新日:

FPみぃ子
台風で屋根が壊れて雨漏りが発生したら、加入している火災保険で補償されるのかされないのか気になりますよね?
気になる!
FPみぃ子
台風による雨漏りは火災保険の「風災」で補償されるので、無料で修理することが可能です。
しかし、全ての雨漏りが補償されるというわけではありません
今回は、火災保険の「風災」補償で補償されること、されないことを紹介していきます。

台風による雨漏りは火災保険「風災」で補償される!

火災保険の「風災」で補償される雨漏りというのは、風や台風、大雨などが原因で瓦がはがれてしまったことで起きた雨漏りなどです。
つまり、自然災害によって引き起こされる雨漏りは補償対象となるということです。

FPみぃ子
もちろん、「風災」補償を付けていないと補償されないのでご注意ください。

火災保険で補償対象となる雨漏り

  • 台風で屋根が壊れて、雨が建物内部に吹き込んできたことによる雨漏り
  • 大雪の影響で屋根が壊れてしまったことによる雨漏り
  • 竜巻の影響で、建物の屋根が壊れてしまったことによる雨漏り
  • 豪雪で屋根が破損してしまったことによる雨漏り

このような場合は、風災補償を付けていれば補償されます。

火災保険「風災」は台風だけじゃない!雪でも風でも補償してくれる!

風災と聞くと、「台風」と思い浮かべてしまう人が多いと思いますが、「風災・雹災・雪災」の補償は台風だけではありません。
竜巻などの強風や突風での被害や、豪雪などでの損害も補償してくれます。

火災保険の場合「風災・雹災・雪災」の補償を、台風が来そうなときだけ補償を付けるということはできないので、加入時にしっかり風災・雹災・雪災補償を付けておくことをお勧めします。

風災補償で補償対象の事例

  • 台風で屋根が壊れて、雨が建物内部に吹き込んできて家財が濡れてしまった(建物・家財)
  • 大雪で雪の重みのため自宅の車庫が潰れてしまった(建物)
  • 大雪で雪の重みで自宅の車庫が倒れてしまった(建物)
  • 春になって雪が解けた時に、大雪の影響で屋根が壊れてしまった(建物)
  • 竜巻の影響で、建物の屋根・外壁・外灯や配管などの屋外設備が壊れてしまった(建物)
  • 竜巻によって窓ガラスが破損してしまった(建物)
  • 強風で飛んできたものが家を当たり壁に穴があいてしまった(建物)
  • 豪雪で屋根が破損してしまった(建物)
  • 台風で建物が損害を受け、室内に雨が入り込み、家電製品が壊れてしまった(建物・家財)
  • 豪雪の影響で屋根が破損し、雪が天井から室内に入り込んで、家電製品が壊れてしまった(建物・家財)
  • ひょうが降ってきて屋根瓦が壊れてしまった(建物)

このように、「風災」補償を付けることによって補償される内容が多くあります。

事例を見てみると保険対象が【建物】となっているものが補償されることが多いですが、風や雪で屋根が損壊したら必然的に家の中の家財にも損害を受けるということなので、保険対象には【家財】もつけておく方が良いでしょう。

こんな場合も補償される!

敷地内にあるフェンス物置が台風で飛ばされてしまった場合や、台風で建物に木が倒れてきた場合でも「風災」で補償されます。

火災保険によって異なりますが、保険対象を「建物」にしていれば屋外にある物置も「建物」に含まれています。

屋外のものについては保険対象としないという契約の場合は補償されませんので、ご注意ください。

注意!火災保険「風災」で補償されないもの!

FPみぃ子
火災保険の「風災」でいろいろな損害に補償を受けられると紹介しましたが、補償されないものもあるんです。
そうなんだ!
それって何?

これは「風災」で補償されない!

窓が開いていて雨が吹き込んで建物内部や家財が濡れてしまった場合、経年劣化による雨漏りは補償されません!

「風災」は、台風による飛来物によって窓が割れて雨が吹き込んできた、瓦が壊れて雨漏りしたなどの場合に補償されるものです。
不注意や経年劣化による損害は、補償を受けることができませんのでご注意ください。

火災保険の「風災」の保険金支払い条件20万円以上に要注意!

FPみぃ子
火災保険の「風災」補償には保険金の支払い条件が設定されていることがあるんです。
支払い条件??

火災保険の「風災」には、20万円以上の損害の場合でないと補償されないという支払い条件が設定されていることがあります。
そのため、風災で損害にあったとしても、加入している火災保険によっては20万円以下の損害の場合、保険金が支払われないということです。

支払い条件の設定については、各火災保険によって異なりますので、ご契約の際はご注意ください。

火災保険会社17社(共済3社含む)の「風災」支払い条件

火災保険会社
「風災」支払い条件
チャブ損害保険「住宅総合保険」損害額が20万円以上の場合補償
AIG損保「ホームプロテクト総合保険」契約プランⅠ型(自己負担なし型)・・・損害額を補償
Ⅱ型(損害額20万円以上型)・・・損害額が20万円以上の場合補償
SBI損保損害額を補償
共栄火災「安心あっとホーム」損害額を補償(自己負担額によって保険金変動)
損保ジャパン日本興亜「THE すまいの保険」損害額を補償
楽天損保「ホームアシスト」損害額を補償(自己負担額によって保険金変動)
あいおいニッセイ同和損保「タフ・住まいの保険」損害額を補償
(損害額が20万円以上でないと補償されないというプランもあり)
三井住友海上「GK すまいの保険」損害額を補償自己負担額最低1万円~。
自己負担額によって保険金変動)
セコム損保「セコム安心マイホーム保険」損害額を補償自己負担額を10万円・20万円から選んで必ずどちらかを設定
自己負担額によって保険金変動)
東京海上日動「トータルアシスト住まいの保険」損害額を補償(自己負担額によって保険金変動)
日新火災「住自在」損害額が20万円以上の場合補償
NIA「住宅総合保険」損害額が20万円以上の場合補償
セゾン自動車火災保険 「じぶんでえらべる火災保険」損害額を補償
ソニー損保「新ネット火災保険」損害額を補償(自己負担額によって保険金変動)
こくみん共済「住まいる共済」損害額が10万円以上の場合補償
JA共済「建物更生共済」損害額が5万円以上の場合補償
県民共済「新型火災共済」損害額が10万円以上の場合補償

このように、火災保険によって「風災」の支払い条件は異なっています。
20万円以上の損害の場合しか補償されない火災保険会社の中にも、特約を付けることで20万円未満の損害でも補償してくれる火災保険もあります。

支払い条件として損害額が20万円以上の場合に補償される火災保険に加入していたとしても、損害額が21万円の時は差額の1万円が支払われるのではなく、21万円が支払われます
損害額が20万円以上であれば、損害保険金が全額支払われるということです。
※自己負担額を設定する場合は、保険金額から自己負担額が差し引かれます。

FPみぃ子
火災保険の「風災」は台風など身近な災害から守ってくれる補償です。
支払い条件も含めて、契約の際は検討してくださいね。

火災保険の保険金請求にはリフォーム会社の見積りが必要!

FPみぃ子
家に損害が生じた場合、火災保険の保険金請求には修理依頼をするリフォーム会社からの見積書を提出する必要があります

保険金請求の4つのSTEP

  1. 加入している火災保険会社へ事故連絡
  2. 被害状況に応じて損害具合を訪問確認
  3. 保険金請求の必要書類を提出
  4. 支払われる保険金額の確定・支払い

FPみぃ子
STEP3の保険金請求の必要書類はこちらです。

保険金請求の必要書類

  • 保険金請求書(火災保険会社から送られてくる)
  • 事故内容報告書(火災保険会社から送られてくる)
  • 罹災証明書(消防署から発行される証明書)
  • 修理見積書(修理を依頼するリフォーム会社からの見積り)
  • 損害明細書(火災保険会社から送られてくる)
  • 写真(損害状況を写真に撮っておく)

などを提出する必要があります。
提出する書類は、どのような損害を受けたのか(台風による屋根修理なのか、盗難なのか、損害賠償なのかなど)によっても、火災保険会社によっても異なります
事故連絡の際に、火災保険会社から必要書類についての説明があるので、詳しく聞いておきましょう。

火災保険金の請求時点で、リフォーム会社から提出される修理見積書が必要となります。
損害状況を写真に撮っておけば、保険金をもらう前に修理をしてしまうことも可能です。

FPみぃ子
火災保険会社へ事故連絡が済んだら、すぐにリフォーム会社に修理依頼をしてしまいましょう。
早く修理するためにも、保険金がおりるのを待っていてはいけません!

リフォーム会社への見積り依頼はこちら

-事例紹介, 戸建・分譲マンション
-, ,

Copyright© FPが教える!火災保険の節約術! , 2019 All Rights Reserved.