事例紹介 戸建・分譲マンション

火災保険の「水濡れ」で補償されるのは、上階が起こした水濡れ損害だけ!?

更新日:

FPみぃ子
今回は、火災保険の「水濡れ」補償について紹介していきましょう。
水濡れって水災と何が違うの?
FPみぃ子
では、まずは「水濡れ」と「水災」の違いから紹介します。

火災保険「水濡れ」「水災」の補償の違い!

水濡れとは、給排水設備の事故や他人の戸室で生じた事故に伴う漏水などによる損害の補償のことです。

水災とは、台風や集中豪雨による洪水などの水災による損害を補償するものです。

水濡れで補償されるもの

  • 天井裏の水道管が破損し水濡れ損害が発生した場合
  • 給水管が破裂して室内が水浸しになり家財が壊れてしまった場合

水災で補償されるもの

  • 集中豪雨で自宅が床上浸水した場合
  • 台風で近くの川が氾濫し、床上浸水して、壁の張り替えが必要な場合
  • 豪雨等で山が土砂崩れを起こし、家が押し流されてしまった場合

同じ水の損害であっても、どんな原因で損害を受けたのかによって、火災保険で必要な補償は変わってきます。
高層マンションの場合、水災の被害が無くても、水濡れ被害の可能性はあります。

FPみぃ子
水の損害と一括りにせず、必要な補償を選んで火災保険に加入しましょう。

火災保険の「水濡れ」で補償される事例を紹介!

火災保険の「水濡れ」は、状況によって補償されないものがあります。
水濡れの被害にあった場合に、「水濡れ」で補償されるのかされないのかについて解説していきます。

「水濡れ」で補償されるケース

  • マンションの上の階で水漏れがあり、家財が濡れて壊れてしまった(家財)
  • 上の階から水が漏れてきて自分の部屋が汚されてしまった(建物)
  • 給水管が破裂して室内が水浸しになってしまった(建物)
  • 天井裏の水道管が破損し部屋が水濡れしてしまった(建物)
  • 上階からの水漏れで壁や床が水浸しになり、壁紙や床板を張替えが必要になってしまった(建物)
  •  台所のシンクが詰まり水があふれ、絨毯・ソファがダメになってしまった(家財)

「水濡れ」で補償されないケース

  • マンションで水漏れを起こし、階下の部屋の天井を汚してしまった
  • 以前、給排水設備から漏水したことがあり、修理業者等から配管の交換を勧められたが、応急処置だけして配管は交換せず、同じ箇所から再度漏水し水濡れ損害が発生してしまった
  • 老朽化により水道管に亀裂が生じ、長時間かけて水が滴り落ち、畳が腐食してしまった
  • 自宅に置いてある水槽を誤って倒して水濡れ損害が発生してしまった
  • 自宅の浴室で、水道栓を閉め忘れて部屋が水浸しになってしまった
  • 自宅の浴室で、水道栓を閉め忘れてしまい、階下に水濡れ損害を発生させてしまった
  • 雪が積もっていた箇所が、長く雪が積もったままで水が漏れてきてしまった
  • 老朽化で給排水設備に損害が発生してしまった

このように、「水濡れ」損害であれば、全て補償されるわけではありません。

火災保険で補償される「水濡れ」とは、水道管の破裂など給排水設備の事故に伴う部屋の水濡れ損害や、マンションの上階からの漏水などで部屋に水濡れ損害があった場合に補償されるものです。

給排水設備の事故に伴う水濡れ損害であっても、予測が可能な場合(以前給排水設備から漏水したことがあるなど)突発的でない場合(長時間かけての畳の腐食など)補償されません
また、給排水設備自体の修理費についても補償されないのでご注意ください。

自分が原因で下の階に水濡れ損害を与えた場合でも、火災保険の「水濡れ」で補償してくれないんだね。
もし、自分が原因の下の階の水濡れ損害を補償したい場合は、「水濡れ」とは別の特約に加入しておく必要があります
FPみぃ子

下の階の水濡れ損害を補償する特約とは?

火災保険の「水濡れ」補償は、保険対象に発生した水濡れ損害を補償するものなので、保険対象ではない階下に発生した損害には保険金は支払われません。

そのため、自宅の浴室で水道栓を閉め忘れたなどで、階下に水濡れ損害を与えてしまった場合でも、基本的にその損害を補償するのは下の階の住人となります。

しかし、下の階の住人が火災保険に加入していなかったり、水濡れの補償を付けていなかったりする場合に、階下の水濡れ損害の賠償責任を負う可能性があります。

その場合には、火災保険の「個人賠償責任補償特約」を付けていれば補償してくれます。

※火災保険によって名称が「個人賠償責任危険補償特約」など変わりますのでご注意ください。

「個人賠償責任補償特約」とは?

個人賠償責任補償特約は、他人にケガ等をさせたり、他人の物を壊したりしたときの法律上の賠償責任を負う場合に保険金が支払われるものです。
下の階の被害に関しても「個人賠償責任補償特約」を付けていれば保険金が支払われます。

分譲マンションで共用部分の水道管からの水漏れで区分所有者の専有部分に水濡れ損害を与えてしまった場合は、「賃貸建物所有者賠償責任危険補償特約」「マンション共用部分賠償特約」を付けていれば、補償されます。

FPみぃ子
火災保険の「水濡れ」補償は、上の階の他人が起こした水濡れや、給排水設備が原因の水濡れ損害を補償してくれるものです。
自分の損害は自分で補償するのが火災保険の基本となります。
火災保険の「水濡れ」補償を付けるのか削るのかしっかり検討しましょう。

【無料】最大26商品の見積もりを比較可能サービスをご紹介!

今回ご紹介したいのが、無料見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!

火災保険の無料見積りサービスは沢山ありますが、「保険スクエアbang!」は、たった30秒の入力で簡単に見積りができるんです。

保険アドバイザーが無料診断してくれる!

保険スクエアbang!」は、火災保険のプロである保険アドバイザーが無料診断してくれるので、本当に必要な補償のみに加入することができます。

補償って何をつけるべきか全然わからない…。
沢山付けたら、火災保険料が高くなるし。

という方には、保険アドバイザーが必要な補償を教えてくれるので安心ですよね。
さらに、120万件の契約実績もあるので、安心できますよ!

最大26商品から見積もり比較できる!

火災保険26商品を自分で比較しようとしたら、とても時間もかかるし、大変ですよね。
保険スクエアbang!」なら、それを保険アドバイザーが適切な火災保険を選んで提案してくれるんです!
最大26商品から選んでくれるので自分にピッタリな火災保険に加入できますよ。

私が調べた火災保険見積もりサービスの中で、一番比較できる商品数が多かったです。
比較するなら、簡単にできるだけ多くの選択肢から、一番良いものを選びたいですよね。
FPみぃ子

さらに!おすすめポイント

  • 火災保険の無料診断後は、納得がいくまで何度でも無料で相談できる!
    見積りだけ渡されて終わりというわけではなく、本当に納得するまで細かく相談できるのは嬉しいですよね。
  • 無理な勧誘が一切ない
    火災保険の無料診断をしたからと言って、必ず契約をしなければならないということはありません
    自分に合った火災保険を見つけられた時だけ、契約すればいいんです!

火災保険の比較って一人でするの難しいとおもってたんだよね。
これ使えば簡単で速いし便利だね。

そうなんです。
これからは、簡単便利に火災保険料を安く契約してくださいね。
FPみぃ子

-事例紹介, 戸建・分譲マンション
-,

Copyright© FPが教える!火災保険の節約術! , 2019 All Rights Reserved.