戸建・分譲マンション

火災保険は年末調整で所得控除を受けられる?受けられない?

投稿日:

FPみぃ子
年末調整で申請して、火災保険で所得控除が受けられたら嬉しいですよね。
火災保険料を支払っても、少し戻ってくるなら嬉しい!
FPみぃ子
そうですよね。
では、火災保険は年末調整で所得控除が受けられるのか?受けられないのか?を紹介しましょう。

火災保険は所得控除が受けられない!

FPみぃ子
残念ながら、火災保険のみに加入している方は所得控除を受けることができません
ガーン。

2006年(平成18年)の税制改正で損害保険料控除が廃止され、2007年1月1日から火災保険は所得控除の対象から外れることになってしまいました。

そのため、現在火災保険では所得控除が受けられないんです。

その代わりに、2007年から地震保険料控除ができました。
火災保険だけでは所得控除は受けられませんが、地震保険にも加入している場合、地震保険料控除を受けることができます

地震保険料は地震保険料控除が受けられる!

地震保険料控除は、居住用家屋や生活用動産の地震保険料を支払った場合に、その年(1月1日~12月31日)に支払った地震保険料の金額に応じて、控除されるものです。

地震保険料控除の対象か、控除対象額がいくらかについては、地震保険料控除証明書を見るとわかります。

地震保険料控除は賃貸住宅でも家財の地震保険に加入していれば、控除されます。

地震保険料控除額

年間の支払保険料合計額
控除額
5万円以下支払金額の全額
5万円超5万円

参考:国税庁 地震保険料控除

地震保険料控除を受けるためには・・・

年末調整の際に、勤務先へ地震保険料控除証明書の提出が必要となります。

地震保険に加入していない場合は、地震保険料控除証明書は発行されませんが、地震保険に加入すれば契約手続き完了後に送付される保険証券や証券写に地震保険料控除証明書を添付してあるので、切り取って使用します。

保険期間と保険料払込期間が同じ場合

毎年地震保険料控除証明書が発行されますので、それを勤務先に提出しましょう。

保険期間と保険料払込期間が異なる場合

払込期間後については、保険料の払込みがないため地震保険料控除証明書は発行されません。

給与所得者ではない場合・・・

給与所得者ではない場合、年末調整はないため、自分で確定申告をする際に確定申告書に地震保険料控除に関する事項を記載し、地震保険料控除証明書を添付して提出する必要があります。

旧長期損害保険には保険料控除あり!

2006年の税制改正で、2007年分から損害保険料控除が廃止されましたが、経過措置として要件を満たす長期火災契約の保険料については、旧長期損害保険料控除の対象なります。

旧長期損害保険料控除の要件

  1. 2006年(平成18年)12月31日までに締結した契約
  2. 満期返戻金等のあるもので保険期間又は共済期間が10年以上の契約
  3. 2007年(平成19年)1月1日以後にその損害保険契約等の変更をしていないもの

地震保険料控除と同じく旧長期損害保険料控除も、その年(1月1日~12月31日)に支払った保険料の金額に応じて、控除されます。

旧長期損害保険料控除額

年間の支払保険料合計額
控除額
1万円以下支払金額の全額
1万円超2万円以下支払い金額×1/2+5,000円
2万円超15,000円

地震保険料控除、旧長期損害保険料控除の両方に当てはまる場合は、それぞれの方法で計算した控除額の合計金額が控除額(最大5万円まで)となります。

FPみぃ子
火災保険を長期契約している方は、控除をしっかり受け取れるように控除証明書を確認してみてください。
対象かもしれないから確認してみよう!

【無料】最大26商品の見積もりを比較可能サービスをご紹介!

今回ご紹介したいのが、無料見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!

火災保険の無料見積りサービスは沢山ありますが、「保険スクエアbang!」は、たった30秒の入力で簡単に見積りができるんです。

保険アドバイザーが無料診断してくれる!

保険スクエアbang!」は、火災保険のプロである保険アドバイザーが無料診断してくれるので、本当に必要な補償のみに加入することができます。

補償って何をつけるべきか全然わからない…。
沢山付けたら、火災保険料が高くなるし。

という方には、保険アドバイザーが必要な補償を教えてくれるので安心ですよね。
さらに、120万件の契約実績もあるので、安心できますよ!

最大26商品から見積もり比較できる!

火災保険26商品を自分で比較しようとしたら、とても時間もかかるし、大変ですよね。
保険スクエアbang!」なら、それを保険アドバイザーが適切な火災保険を選んで提案してくれるんです!
最大26商品から選んでくれるので自分にピッタリな火災保険に加入できますよ。

私が調べた火災保険見積もりサービスの中で、一番比較できる商品数が多かったです。
比較するなら、簡単にできるだけ多くの選択肢から、一番良いものを選びたいですよね。
FPみぃ子

さらに!おすすめポイント

  • 火災保険の無料診断後は、納得がいくまで何度でも無料で相談できる!
    見積りだけ渡されて終わりというわけではなく、本当に納得するまで細かく相談できるのは嬉しいですよね。
  • 無理な勧誘が一切ない
    火災保険の無料診断をしたからと言って、必ず契約をしなければならないということはありません
    自分に合った火災保険を見つけられた時だけ、契約すればいいんです!

火災保険の比較って一人でするの難しいとおもってたんだよね。
これ使えば簡単で速いし便利だね。

そうなんです。
これからは、簡単便利に火災保険料を安く契約してくださいね。
FPみぃ子

火災保険と地震保険の両方に加入を希望している方はコチラから!

-戸建・分譲マンション
-

Copyright© かしこい火災保険の選び方 , 2019 All Rights Reserved.