保険

生命保険契約時に出てくる基本の言葉の意味を解説。全部知っていますか?

生命保険の契約時や検討段階であっても、当たり前のように使われている用語があります。
しっかり意味を理解していないと、必要な時に補償を受け取れない…。なんてことになってしまうかもしれません。

FPみぃ子
今回は、生命保険に出てくる基本の言葉について紹介していきましょう。

生命保険の基本の言葉

今回解説する生命保険の基本の言葉一覧

  • 契約者
  • 保険者
  • 被保険者
  • 受取人
  • 諾成契約
  • 解約返戻金
  • 特約
  • 生存保険
  • 生死混合保険
  • 予定死亡率
  • 予定利率
  • 予定事業費率
  • 前納払い
  • 一時払い
  • 平準払方式

契約者(けいやくしゃ)

契約者とは、契約を結ぶ人、保険料を支払う人のことです。

保険者(ほけんしゃ)

保険者とは、保険金を支払う人のことで主に保険会社をさします。

被保険者(ひほけんしゃ)

被保険者とは、生死・病気・ケガなどが保険対象となっている人のことです。

受取人(うけとりにん)

受取人とは、保険金や給付金、年金などを受け取る人のことです。

諾成契約(だくせいけいやく)

諾成契約とは、当事者双方の合意だけで成立する契約のことで、生命保険契約は諾成契約となります。

解約返戻金(かいやくへんれいきん)

解約返戻金とは、保険を中途解約した時に保険会社から契約者に払い戻されるお金のことです。

特約(とくやく)

特約とは、主契約(基本となる契約)にプラスして契約する保険のことです。

生存保険(せいぞんほけん)

被保険者が満期時まで生きていた時に支払われる保険のことです。
主に、年金保険などです。

生死混合保険(せいしこんごうほけん)

生死混合保険とは、死亡・高度障害では死亡保険金・高度障害保険金が支払われ、満期まで生存していた場合は生存保険金が支払われる保険のことです。
主に、養老保険などです。

予定死亡率(よていしぼうりつ)

予定死亡率とは、過去の統計に基づく男女別、年齢別の死亡率のことです。
一般的に予定死亡率が高いほど、保険料は高くなります。
※個人年金保険においては、予定死亡率が低いほど、保険料が高くなります。(年金支払い期間が長くなるため)

予定利率(よていりりつ)

予定利率とは、保険会社が見込む運用利回りのことです。
予定利率が高いほど、保険料は安くなります。

予定事業費率(よていじぎょうひりつ)

予定事業費率とは、保険会社が事業を運営するのに必要な費用の保険料に対する割合のことです。
予定事業費率が高いほど、保険料は高くなります。

前納払い(ぜんのうばらい)

前納払いとは、保険料支払い期日よりも前に何か月分かまとめて支払うことを言います。

一時払い(いちじばらい)

一時払いとは、全期間の保険料を契約時に一括で支払うことを言います。
一時払いをした場合、保険料を払った年に1回だけ生命保険料控除の対象となります。

平準払方式(へいじゅんばらいほうしき)

平準払方式とは、払込期間を通じて保険料が変わらない方式のことです。

ステップ払方式(すてっぷばらいほうしき)

ステップ払方式とは、はじめの保険料を低く、その後の保険料を高くする方式のことです。

【無料】最大46社の保険を相談できる『保険見直し本舗』を活用して!

保険を比較しようと思った方に紹介しておきたいのが、無料保険相談サービス「保険見直し本舗」です。

FPみぃ子
ご存知の方が多いかもしれませんが、保険を相談するなら「保険見直し本舗」がおすすめです。

おすすめする3つの理由!

保険相談サービス最大の46社から比較できる!

保険を相談するなら、できるだけ多くの保険から自分に一番合っているものを探したいですよね。
保険見直し本舗」は、その他の保険相談サービスよりも比較できる保険会社数が圧倒的に多いんです。

保険相談
サービス
保険見直し
本舗
保険の窓口
マネー
ドクター
ゼクシィ保険
ショップ
比較できる
保険会社数
46社
44社
29社
24社

無料でFP(ファイナンシャルプランナー)に相談できる!

比較できる保険会社数が多くても、見積もりを大量に出されても比較しきれないですよね。
保険見直し本舗では、保険のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)が、46社分の保険から最適なプランを提案してくれます。

FPは保険だけでなく、家計全般のことを勉強して取得できる資格です。
つまり、「保険見直し本舗」では、家計のことも考えて保険を提案してくれるということです。

FPみぃ子
もちろん、契約までではなくアフターフォローもしっかりしているから安心できます。

相談の仕方は4種類から選べる!

保険の相談方法として4種類用意されています。

  1. 店舗相談(全国312店舗あり)
  2. 訪問相談
  3. 電話相談
  4. オンライン相談

電話相談とオンライン相談なら、コロナで外出したくない時でも安心して相談することができます。
店舗相談なら全国に312店舗あるので、買い物途中に立ち寄ることもできます。

FPみぃ子
保険が気になると思った瞬間に相談できるということがメリットです。

押し売りされそう?契約しなきゃ帰れない? そんなことない!!

保険相談サービスを利用する時に、押し売りされたり、契約しなきゃ帰れなさそう。という不安がある方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、必ず契約する必要はない! です。

保険見直し本舗」では、46社の保険を取り扱っている保険相談サービスです。
1回相談するだけで、1つの保険に決められるものではありません。
FPに相談したからと言って、絶対に契約しなければならないというものでもありません。

保険は自分で比較して、納得して加入するものです。
保険相談サービスは、あくまで膨大な保険商品を比較しやすくするサービスなので、最終決定は自分で・家族で行うべきです。

FPみぃ子
すぐに決めきれない方は、「家に帰ってじっくり検討します。」と言って持ち帰りましょう。

保険見直し本舗」は無料で相談することができます。

  • 無料だから1回相談してみようかな
  • 保険に入りたいけど、何が何だかわからない
  • 今必要な保険って何なんだろう
  • 保険に入っておいた方が良い気がするけど面倒

こんな方に活用していただきたいサービスです。

保険は、保険のことが気になりだしたときが加入する時です。
気になったら、無料で使える「保険見直し本舗」で気軽に相談してみてください。

保険見直し本舗はコチラから

  • この記事を書いた人

ファイナンシャルプランナーみぃ子

火災保険の選び方では、火災保険会社のホームページや資料情報から、料金や保険内容を細かくまとめて紹介しています。もちろん、ファイナンシャルプランナーならではの視点でアドバイスしているので、これから火災保険の加入や変更を考えている方は是非チェックしてください。

にほんブログ村 ファイナンシャルプランナー 地震・災害へ

-保険

© 2021 火災保険の相場。選び方からランキングまで【FP監修】