火災保険ランキング

各火災保険会社の火災保険料をシミュレーションした結果をもとに ランキングを作成しています。

どの火災保険が一番安いの?と悩んでいる方のために、火災保険料を比較したランキングを作成しました。 マンション(M構造)の火災保険料ランキングを表示しています。 火災保険の見直しや新規加入の際にお役立てください。

火災保険料ランキング マンション(M構造)

    • 建物保険金額:1,000万円、1,500万円 
      家財保険金額:300万円、500万円

      • FPみぃ子評価:1位

        <詳細> 建物と家財の保険金額・保険期間1、3、5年・地震保険アリかナシ を組み合わせた24パターンで保険料をシミュレーションした結果、一番高かった順位の%で評価しています。
        ×
      ソニー損保の「新ネット火災保険」は、インターネットでのダイレクト販売で中間コストを抑えているため、火災保険料が安いのが特徴となっています。
      地震で建物の基礎がダメージを受けたため地震付帯の範囲で保険金が支払われました。 200万円の保険金が1か月で受け取れました。
      加入者
    • 建物保険金額:1,000万円、1,500万円 
      家財保険金額:300万円、500万円

      • FPみぃ子評価:2位

        <詳細> 建物と家財の保険金額・保険期間1、3、5年・地震保険アリかナシ を組み合わせた24パターンで保険料をシミュレーションした結果、一番高かった順位の%で評価しています。
        ×
      セゾン自動車火災「じぶんでえらべる火災保険」は、基本補償にえらべる補償を自由に追加することができる組立式火災保険です。
      ※2020年9月現在、新規契約を停止しております。詳しくは、セゾン自動車火災へお問い合わせください。
      台風で建物の壁が破損し、自家用車の上に落ちてしまい、26万円補償してもらいました。 保険金は1か月前後でもらえたと記憶しています。
      加入者
    • 建物保険金額:1,000万円、1,500万円 
      家財保険金額:300万円、500万円

      • FPみぃ子評価:3位

        <詳細> 建物と家財の保険金額・保険期間1、3、5年・地震保険アリかナシ を組み合わせた24パターンで保険料をシミュレーションした結果、一番高かった順位の%で評価しています。
        ×
      日新火災「住自在」は、住宅ローン利用者に向けに補償が選べる自由設計型火災保険です。
      他の部屋からの出火で家財が一部使い物にならなくなり、50万円受け取りました。 もらうまでは1か月ほどかかりました。
      加入者
    • 建物保険金額:1,000万円、1,500万円 
      家財保険金額:300万円、500万円

      • FPみぃ子評価:4位

        <詳細> 建物と家財の保険金額・保険期間1、3、5年・地震保険アリかナシ を組み合わせた24パターンで保険料をシミュレーションした結果、一番高かった順位の%で評価しています。
        ×
      ジェイアイ傷害火災「ieho」は、旅行会社JTBグループと保険会社のAIGグループが合併した会社で、代理店を通さないことで、営業コストや事務コストを削減することで、火災保険料を安くなってます。
      台風時の床下浸水を補償してもらいました。 保険金は1か月ほどで25万円もらうことができました。
      加入者
    • 建物保険金額:1,000万円、1,500万円 
      家財保険金額:300万円、500万円

      • FPみぃ子評価:5位

        <詳細> 建物と家財の保険金額・保険期間1、3、5年・地震保険アリかナシ を組み合わせた24パターンで保険料をシミュレーションした結果、一番高かった順位の%で評価しています。
        ×
      楽天損保「ホームアシスト」は、契約まで全てネット完結型の火災保険です。 もちろん、対面型損保と同じ品質のサービスが受けられます。
      台風で窓が割れ、家具が破損したので保険金10万円が支払われました。 もらえるまで3か月かかりました。
      加入者
  • 建物保険金額:1,000万円、1,500万円 
    家財保険金額:300万円、500万円

    • FPみぃ子評価:6位

      <詳細> 建物と家財の保険金額・保険期間1、3、5年・地震保険アリかナシ を組み合わせた24パターンで保険料をシミュレーションした結果、一番高かった順位の%で評価しています。
      ×
    セコム損保「セコム安心マイホーム保険」は、費用補償と事故発生時の安心サービスが全プランに自動セットされている補償が充実している火災保険です。
    台風の被害で家が床下浸水と半壊したのを補償してもらいました。 保険金は約120万円で受け取りまでに半年くらいかかりました。
    加入者
  • 建物保険金額:1,000万円、1,500万円 
    家財保険金額:300万円、500万円

    • FPみぃ子評価:7位

      <詳細> 建物と家財の保険金額・保険期間1、3、5年・地震保険アリかナシ を組み合わせた24パターンで保険料をシミュレーションした結果、一番高かった順位の%で評価しています。
      ×
    SBI損保の火災保険は、基本補償の「火災、落雷、破裂・爆発」以外、自分で自由に補償内容を選ぶことができ、カスタマイズできる火災保険です。
    台風で屋根の棟板金が飛ばされたのを補償してもらいました。 保険金は35万円で2週間で支払われました。
    加入者
  • 建物保険金額:1,000万円、1,500万円 
    家財保険金額:300万円、500万円

    • FPみぃ子評価:8位

      <詳細> 建物と家財の保険金額・保険期間1、3、5年・地震保険アリかナシ を組み合わせた24パターンで保険料をシミュレーションした結果、一番高かった順位の%で評価しています。
      ×
    東京海上日動「トータルアシスト住まいの保険」では、【住まいの選べるアシスト特約】が用意されていて、再発防止策にも保険金が支払われる火災保険です。
    角地の家で、車が曲がる時に運転ミスで、ブロック塀に激突し、ブロック塀が壊れたのを補償されました。 20万円の保険金を3週間でもらいました。
    加入者
  • 建物保険金額:1,000万円、1,500万円 
    家財保険金額:300万円、500万円

    • FPみぃ子評価:9位

      <詳細> 建物と家財の保険金額・保険期間1、3、5年・地震保険アリかナシ を組み合わせた24パターンで保険料をシミュレーションした結果、一番高かった順位の%で評価しています。
      ×
    損保ジャパンの火災保険「THE すまいの保険」は、保険料の安さよりも補償や付帯サービスが充実している火災保険です。
    玄関の電子錠が落雷で壊れたので補償されました。 約12万円が約1か月半で支払われました。
    加入者
  • 建物保険金額:1,000万円、1,500万円 
    家財保険金額:300万円、500万円

    • FPみぃ子評価:10位

      <詳細> 建物と家財の保険金額・保険期間1、3、5年・地震保険アリかナシ を組み合わせた24パターンで保険料をシミュレーションした結果、一番高かった順位の%で評価しています。
      ×
    三井住友海上「GK すまいの保険」は、保険期間5年以下の火災保険で戸建・分譲マンション・賃貸オーナー向けの保険となっています。
    子どもが誤って加湿器を倒してしまい、コンセントの差し込み口が破損したのを補償してもらいました。 保険金8000円が1ヶ月以内に支払われました。
    加入者
  • 建物保険金額:1,000万円、1,500万円 
    家財保険金額:300万円、500万円

    • FPみぃ子評価:11位

      <詳細> 建物と家財の保険金額・保険期間1、3、5年・地震保険アリかナシ を組み合わせた24パターンで保険料をシミュレーションした結果、一番高かった順位の%で評価しています。
      ×
    あいおいニッセイ同和損保「タフ・住まいの保険」は、基本の補償・地震保険・オプション特約をニーズにあわせて補償を選ぶことができる火災保険です。
    雨が何日も降った時期に自宅屋根から雨漏りをしてしまい補償されました。 保険金として78万円が1ヶ月ちょっとで支払われました。
    加入者
 

© 2020 火災保険の相場。選び方からランキングまで【FP監修】